18歳の若手女優・森七菜(もり・なな)の勢いが止まらない。このたび、『ZIP!』(日本テレビ系)の8月の金曜パーソナリティに史上最年少で選ばれたことが発表された。

 地元・大分でスカウトされた森七菜。事務所に所属してすぐに行定勲が監督した2016年のウェブムービーに抜擢され、主演・加藤あいの中学生時代を演じた。このわずか1ヵ月半後には、園子温が総監督を務めた配信ドラマ『東京ヴァンパイアホテル』(Amazonプライムビデオ)への出演をオーディションで勝ち取っている。同ドラマが配信された17年は、映画『心が叫びたがってるんだ。』、連続ドラマ『先に生まれただけの僕』(日本テレビ系)にも出演した。

 彼女の知名度を一気に高めたのは、19年に放送された菅田将暉主演ドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系)だ。教師が生徒を人質に立てこもるという緊迫感あるストーリー、SNSでの誹謗中傷に対する真摯なメッセージ、そして菅田を始めたキャスト陣の演技で大きな反響を呼んだこの作品。同世代が多く出演する中でも、森は感情を表に出さないという難しい役柄を見事に演じ切り、存在感を見せつけた。

 さらに同年、『君の名は。』の新海誠監督の新作として注目を集めたアニメーション映画『天気の子』でヒロインの声を担当すると、「今から晴れるよ」のセリフと共に一般的な認知度を上げていった。

 今年は出演映画が3本あり、岩井俊二監督の『ラストレター』が1月に公開されたのに続き、8月に『青くて痛くて脆い』、11月に『461個のおべんとう』が公開予定。また、現在はNHK連続テレビ小説『エール』でヒロインの妹役を好演している。

 来年にはSixTONES・松村北斗とのW主演映画『ライアー×ライアー』も控えるなど、まさに破竹の勢いと言える森。『ZIP!』には8月の金曜日限定での出演だが、朝の情報番組に顔を出すことでさらに知名度が拡大することだろう。また、8月31日にはファースト写真集『Peace』(ギャンビット)の発売も控えている。

森七菜は「ゴリ押し」? 『ZIP!』レギュラー決定に『恋つづ』枠でドラマ主演報道ものページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!