今月1日に芸能界復帰を発表したものの、その5日後となる6日に突如芸能界引退を発表したタレントの“ユッキーナ”こと木下優樹菜。

 もともと、タピオカ店オーナーへの恫喝騒動により芸能活動を無期限自粛していた彼女について、不倫問題があったのではないかとの報道がなされるなど、さまざまな噂が飛び交っている引退の理由について、元夫であるお笑いコンビ・FUJIWARAの藤本敏史が明かし話題となっている。

 藤本は7月18日に放送された『特盛!よしもと 今田・八光のおしゃべりジャングル』(読売テレビ)に出演した。

 この回は木下が引退を発表した当日となる6日に収録が行われていたことが明かされると、藤本は「(引退することを聞いたのは)3日前ぐらいかな」と、事前に木下の引退について知っていた事を告白。

 さらに、MCの今田耕司に「子どもの存在っていうのは大きいちゃうん? 引退するにしても、子どもが何か言われたりするのかとか」と問われた藤本は「そうなんですよね。復帰の発表前から、週刊誌の記者の方の取材が」と、子どもがいる時に木下が週刊誌の記者から直撃取材を受けた事を明かした。この際、地下駐車場から出車するところを写真に収められたと言うが、木下の車に子どもも同乗していたため、怖がってしまったという。

 続けて、「そういうのがあって……親のせいなんですけども、こんな状況に子どもを追い込んでる状況が心が痛すぎて。記者の方も、仕事だって言うのはわかるんですけど」とした上で、「また直撃されて、子どもに不安な、怖い思いさせるのが心が痛くて。それで、優樹菜さんがこのまま芸能界を続けていくと、またそういう事が起こるんじゃないかっていうのが一番……それは話し合いました」と、木下の引退について、子供の事を考えて元夫婦間で話し合ったことを明かしていた。

フジモン、木下優樹菜の「不倫」は黙殺!? 子どもをダシに「報じるな!」と苦言かのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!