フジモンの「タピオカ」ネタ連発に賛否! 元妻・木下優樹菜の復帰を援護射撃?の画像1

 FUJIWARAの「フジモン」こと藤本敏史が、23日に放送されたバラエティ特番『笑神様は突然に…春の2時間SP』(日本テレビ系)に出演。芸能活動休止中の元妻・木下優樹菜の「タピオカ騒動」をネタにしまくり、ネット上で「面白すぎる」「笑えない」と賛否を呼んでいる。

 同番組では「去年“パートナー”がやらかした」という共通点を持つ藤本とチュートリアル・福田充徳が、手相占い芸人の島田秀平の案内で開運スポットを巡るツアーに出発。ゴールデンタイムの放送ということもあって、藤本は木下がSNSでタピオカ店の店主を恫喝した騒動、福田は相方・徳井義実の申告漏れ騒動を暗に匂わす程度かと思われた。

 ところが、冒頭にロケのMC役を務める陣内智則がタピオカの一件に触れると、藤本は庄司智春の持ちネタ「ミキティー!」と同じような口調で「タピオカミルクティー!」と絶叫。その後は堰を切ったように、ロケ中に何度もタピオカネタが飛び交った。

 また、陣内から「藤本さんのLINEのアイコンがいまだに元嫁と子どもの写真」と暴露されると、藤本は「仲悪いわけじゃないのよ、別に」と“円満離婚”であることをアピール。

 さらに、陣内が「あれは(離婚と)関係ないんですか? TPOK問題は」と無駄にアルファベット化して質問すると、藤本はすかさず「タピオカって言えよ!」とツッコミを入れつつ、タピオカ騒動は離婚の原因ではないと明言。離婚後も子どもの送り迎えなどをしており、その際に木下とほぼ毎日会って会話もしていると明かした。

 離婚後、藤本は周囲の芸人から「タピオカいじり」をされても神妙な顔で「すみませんでした!」と謝罪するだけだったが、今回は吹っ切れたかのようなキレキレぶりだった。

フジモンの「タピオカ」ネタ連発に賛否! 元妻・木下優樹菜の復帰を援護射撃?のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!