木下優樹菜、今さら「藤本敏史頼り」!? 事務所に梯子外され大慌てか

編集部

木下優樹菜の電撃引退について、元夫のFUJIWARA・藤本敏史がコメントを発表。報道機関へ配慮を促している。

 藤本は7月6日、吉本興業が運営するサイト「ラフ&ピースニュースマガジン」で、「木下優樹菜さんが引退を発表されました。私、藤本敏史は、今後も子供たちを含めて支えてまいります」と引き続き子育てに協力すると表明。

 「マスコミのみなさまにお願いです」と続け、「彼女は、本日を以て、芸能人ではなく一般の方になります。子供や家族、近隣の方々の日常生活の為にも、報道にご配慮いただけますようお願いいたします」と過剰な取材を控えるよう促している。

 元妻である木下を「一般の方」と強調し、家族の生活を守ろうと奮闘する藤本だが、これと対照的に見えるのが、木下が所属していたプラチナムプロダクションだ。

 同事務所は6日、「信頼関係を維持することが著しく困難」「このような結果になりまして、当社として誠に不本意」などとどこか突き放すようなコメントを発表している。

 同事務所といえば、これまで“タピオカ恫喝騒動”や“不倫騒動”の取り扱いに関して、「木下の映像使用不可」「使えるのは限られた数点の写真のみ」などのルールを定め、メディアを徹底的にコントロールしてきた。

 しかし、7日付「FRIDAYデジタル」(講談社)によると、退社後の木下は「タピオカ騒動やほかの問題も、取り扱っていい」「映像などの素材も使用可」というフリーの状態に一変。木下と事務所の間にわだかまりが残っているのか、すっかり梯子を外されてしまった印象だ。

木下優樹菜、今さら「藤本敏史頼り」!? 事務所に梯子外され大慌てかのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!