YouTuber事務所最大手のUUUMが6月30日、インターネット上の誹謗中傷や攻撃的投稿から専属クリエイターを守るための「誹謗中傷および攻撃的投稿対策専門チーム」を設置したことを発表した。

 公式サイトによると、今後は悪質な権利侵害に対しては、警察署等関係機関と連携し対応。

 悪質な権利侵害の具体例として、「クリエイターが犯罪行為を行っているとする投稿(名誉毀損)」「クリエイターの住所を投稿する(プライバシー侵害)」「クリエイターへの殺害予告、UUUMへの爆破予告、具体的な不利益を与える脅迫」が挙げられている。

 また、今後は対策チームのTwitterアカウント(@UUUM_c_guard)がSNS上で直接コンタクトを取るといい、今後、同アカウントの動きが注目されそうだ。

 UUUMといえば、最高顧問であるHIKAKINが5月9日に、自身のYouTube動画でエゴサーチの結果を報告。

 自身へ向けられる誹謗中傷について「ギネス載るくらい(キモイと)言われた」というHIKAKINは、Twitterの検索窓に「ヒカキン」と入力すると、第二検索ワードの筆頭に「逮捕」と表示されることを紹介。

HIKAKIN「覚せい剤逮捕デマ動画」ついに法的処置へ!? UUUMが誹謗中傷対策チーム立ち上げのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!