モデルの水原希子による「最も美しい顔ランキング2020」への苦言が注目されるなか、水原が引用したInstagramアカウントに“ニセモノ疑惑”が浮上している。

 水原は6月13日に更新したストーリーズで、水原の写真を投稿した「the100mostbeautifulfaceofjapan」なるアカウントを引用し、「また始まった。最も美しい顔ランキング 本当に失礼だと思う。。」「顔に順位を決めるランキング。2020年にこんな事やってるなんてくるってる。そしてそれを取り上げるメディアもどうかと思う。美の基準なんて皆それぞれだし、これは本当におかしい。謎」と批判。

 さらに、「これ勝手にノミネートされて勝手にジャッジされている方々にも失礼だし、自分が知らない間にルッキズム/外見主義(容姿によって人を判断する事)の助長に加わってしまっているのかもしれないと思うと困る」「一番美しい人なんて選ぶことは不可能」と主張。「このランキングによって偏った美の概念やステレオタイプな考えを広めてほしくない」などと憤りを綴った。

 ちなみに、水原が綴った「最も美しい顔ランキング」とは、1990年に映画レビューサイトを運営するアメリカの映画評論家・TC Candler氏が始めた、約10万人の女性有名人のなかから顔の美しい女性トップ100を選出するランキングのこと。

 昨年、水原が同ランキングの“アジア版”にランクインした際にも、「美の概念なんてみんな違うのに」「誰のためのランキングなの?」と嫌悪感を露わにしていた。

 ネット上では、「本当にその通り」「素直に喜べばいいのに」などと賛否両論が飛びかっているが、一方で「水原は偽アカウントに釣られたのでは?」と指摘する声も。

水原希子「偽アカウント」に騙された!? 「美しい顔」そもそもノミネートされていない可能性ものページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!