世間を騒がせているアンジャッシュ・渡部建の不倫騒動。これと「美人女優の妻がいる」「子育て中の浮気」など共通点が多いことで比較されているのが、1月に発覚した俳優・東出昌大の不倫スキャンダルだ。

 だが、このふたつの騒動には決定的な違いがあり、ネット上では「どっちがマシか」「どっちが許せないか」といった議論が起きている。

 渡部は佐々木希、東出は杏という美人妻がいながら不貞を働いてしまった両騒動。渡部は複数の女性との刹那的な快楽を求めた不倫で、東出は若手女優・唐田えりかとの3年間に及ぶ関係だった。

 その決定的な違いとは「女性への扱い」だ。

「渡部さんは女性を公共のトイレに呼び出して3~5分でコトを済ませたり、事務所に呼びつけて15分ほどでシャワーも浴びさせずに帰らせるなど、明らかに遊びの相手として女性たちを雑に扱っています。一方、東出さんの場合は唐田さんのSNSの“匂わせ”投稿からも、それなりに大事にしていたことが分かる」(芸能ライター)

 複数の女性と「遊び」で浮気しまくっていた男と、数年にわたってひとりの女性をそれなりに大事にしながら不倫を続けていた男。特に、パートナーとの精神的なつながりを重視する女性にとってこの違いは大きい。

渡部建・東出昌大、二大最低オトコに「どっちがマシか」論争が勃発のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!