二宮和也が6月2日、嵐の公式Instagramのストーリーズを更新。家庭菜園での悩みをファンに打ち明けた。

 二宮は、赤く色づく前のトマトの写真とともに、「何故だろう?」「何故なんだろう??」「だれか教えてくれぇぇぇ!」「全然赤くなりませんっ!」と投稿。どうやら、自宅でプランター栽培しているトマトが、いつまでたっても緑色のままのようだ。

 二宮は5月12日にもトマトの成長過程を投稿したほか、同月26日にも「トマトだけじゃないんだぜぇ」ときゅうりの成長過程を投稿。手のひらサイズまで成長したきゅうりに「感動しています!!」と綴り、家庭菜園にハマっていることをアピールしていた。

 しかし、投稿するたびに多くのファンから「これ絶対、嫁の趣味だろ」「面倒くさがりやのニノが成長記録をこまめに撮影するはずがない」「嫁と育てていると思うと吐き気する」といった悲鳴が殺到。

 多くのファンに“嫁匂わせ行為”と受け取られながらも、同じような投稿を続ける二宮に疑問の声が上がっている。

「育った野菜を公開するだけならまだしも、妻と育てていると思しきトマトが赤くならないことをファンに相談した二宮に批判が相次いでいます。なかには『配偶者いますよ~ってファンにすり込んで、認めてねって言ってるように聞こえる』『ファンに嫁耐性つけようとしてる?』と確信犯を疑う声も見られます」(記者)

二宮和也、松本潤エゴサで関係悪化!? “炎上トマト”の再登場は「嫁耐性」トレーニング強要かのページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!