今月16日より連続ドラマ『BG〜身辺警護人〜』(テレビ朝日系)がスタートする。前作から約2年、第二弾となる本作には主演の木村拓哉のほか、俳優の斎藤工や間宮祥太郎、女優の菜々緒らおなじみのメンバーが再集結する。

 チーム一丸となって敵に挑む民間ボディーガードの戦いが描かれた前作だが、今回は木村扮する島崎章が所属していた民間警備会社を飛び出し私設ボディーガードに転身、“個人 vs 組織”を新たな物語の軸に、ヒューマンドラマが描かれる。公開に先立ち、公式HPでは出演する豪華キャストの集合画像やドラマのワンシーン画像とともに、出演者のコメントやドラマの新情報などが次々と公開されている。

 ところで、それらの情報を見ていてひとつ気になることがある。公開されている斎藤と木村が二人並んでいる画像だ。それは第一話の冒頭で、与党議員の後援会パーティーを警護するシーン。斎藤が木村に近づき何か耳打ちしているように見えるが、この画像をみて二人の身長差に違和感を覚える人もいるのではないだろうか。画像を見る限り、斎藤の方がやや高いがさほど身長差は無いかのように見える。

 公式には斎藤の身長は184センチ、木村は176センチとされている。しかし、かねてより木村の身長は170くらいではと疑惑の声が多くあがっている。圧倒的な人気を誇る国民的スターであり続ける木村にとって、身長だけはコンプレックスだと言われていて、かつて女優・小雪との間にもトラブルがあったそう。

 それは2005年に行われた木村主演ドラマの制作発表会見でのこと。全員着席で行われたが、身長170センチの小雪が挨拶しようと木村に近寄ったところをカメラマンに写真に収められてしまい、木村が激怒したとか、しないとか。ちなみに、それから二人の共演はないようだ。

 前作のドラマに続いて、木村と高身長な斎藤の絡みは今作も数多くあるはずだ。緊迫のアクションシーンにドキドキハラハラしながらも、二人の身長差を密かに観察するという視点からも今回のドラマは楽しめるかもしれない。

斎藤工「キムタクを公開処刑」? 不自然すぎる身長差… 過去には長身女優とのトラブル疑惑ものページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!