昨年から芸能活動を本格再開させた俳優の山本裕典が、自粛期間中にパチンコ店で遊んでいたと「週刊女性」(主婦と生活社)のウェブメディア「週刊女性PRIME」に写真付きで報じられた。

 芸能人の「自粛破り」問題が相次いでいる昨今、またも炎上騒動になるかと思われたが、ネット上では擁護意見が続出する意外な展開を見せている。

 記事によると、山本が都内のパチンコ店に現れたのは5月中旬の夕方。友人らしき男性と一緒に楽しそうにパチスロを遊んでいたという。

 マスク姿でパチスロを打っている写真が掲載されており、自分の台を打ちつつ他の台に目を向けて物色するなど、かなりのパチスロ通であることをうかがわせるシーンもある。

 山本といえば、ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト出身のイケメン俳優として人気を博したが、2017年に「契約違反」を理由に所属事務所を解雇された。女性スキャンダルや夜遊びが問題化したことなどが原因ともいわれ、一時は「消えたイケメン俳優」と騒がれた。

 昨年から心機一転で活動を再開し、ミュージカルやCMに出演。今夏放送予定の連続テレビドラマ『彼が僕に恋した理由(ワケ)』(TOKYO MXほか)に歌手の寺西優真とダブル主演することが決定するなど、順調に仕事を増やしている。

山本裕典「自粛破りパチスロ」報道になぜか擁護コメントが続出のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!