芸能活動を一時休止し、昨年12月に復帰を発表していた俳優の山本裕典が1月31日放送の『極楽とんぼKAKERUTV』(Abema TV)に出演し、過去に男女のカンケイになった女性芸能人の数を暴露した。

 スタジオにはプライベートでも仲が良いというお笑いコンビ・カラテカの入江慎也が登場。「女性が好き過ぎる」「人目を気にせず、堂々と女性をお持ち帰りする」「昔と変わらず今もチャラい」などと言われ放題だった。

 番組が盛り上がったのは、山本に対して「今まで芸能人を何人持って帰った?」との質問が飛んだときのこと。これに山本は加藤にだけ打ち明けると言って耳打ちした。

「加藤によれば、『そんなビックリする数ではなかったですよ。健全に付き合ったらそれぐらいの数になるだろうって数』とのこと。周囲から『バスケットボールのチームぐらいか?』と聞かれると、山本は『そのぐらいです』と答えていましたから、おそらく5、6人といったところだったのでしょう」(テレビ誌記者)

 さらに生放送後、山本とプライベートで遊ぶことが多いという一般女性も登場。彼女からは山本の“ある癖”が報告された。

「山本は酔っ払うとカラオケでカンケイのあった女性アーティストの歌を歌い、その女性とのエピソードを話し始め、“共にした自慢”をしてくるのだとか。山本もこれを認め、『20歳そこそこの時、本当に恋愛をしてお付き合いをしていた』『やっぱり好きだったので、酔っ払うと思い出して』と、今でも元カノの曲を熱唱しているようです」(前出・テレビ誌ライター)

 山本といえば、地下アイドルの越智美咲とフライデーされたほか、榮倉奈々とのプリクラが流出。真偽は定かでないものの、西内まりやとも噂になったことがあった。しかし、世間が真っ先に思い出すのは、元AKB48・前田敦子との交際だろう。

「彼が20歳の頃といえば、ちょうど前田と交際するキッカケとなったドラマ『太陽と海の教室』(フジテレビ系)が放送されていた時期と重なります。ドラマのロケ現場に大遅刻した2人が、一緒に現場に現れたこともあったとか。一部では前田の初めての男だったとも言われていましたが、交際は1年ほど続いたところで、AKBの上のほうからの指示で別れさせられたと言われています。山本は今でもその時の悔しい気持ちを思い出して、AKBの曲をカラオケで歌っているのかもしれません」(前出・テレビ誌記者)

 俳優復帰しても、前田の夫・勝地涼とは共演NGになりそうだ。

前田敦子のことを思い出す? 山本裕典が“共にした女性芸能人”を禁断暴露!のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!