ナイナイ岡村隆史が熱愛報道をさらっと否定、本当に何もない?の画像1

ナインティナイン・岡村隆史

 10日深夜放送の『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(ニッポン放送系)において元日に報じられた熱愛報道について岡村が言及した。新年最初の放送は、例年ならば大阪へ帰省しての同級生トークがたっぷりと語られる。だが今年は年度末に出演した『NHK紅白歌合戦』の裏話からはじまった。

 どのタイミングで熱愛報道に言及されるかと注目が集まったが、オープニングトーク終了直前に突然「熱愛報道、あれウソやらかね。よっぽどネタないんか」とさらりと否定した。続けて「(大阪に)家探してるとか、あんなもんガセネタ載せんといて。(マネージャーの)田中はんに『こんなん載りますけど、ほんまですか?』」と問われ「ないよ、そんなもんは」と否定したようだ。このやりとりから、今回の記事は一方的に書かれたばかりではなく、事前に岡村サイドへの「本人当て」もあったとわかる。それでも否定するということは確たる証拠を突きつけられたわけでもなく、本当にないのだろう。

 さらに「リアル峰不二子とかもっと違う言い方あるんやないか。めちゃくちゃダサい奴となんか、熱愛報道みたいになってるやん」と苦言を呈した。

 岡村は過去には、女性にハメられた経験もある。東京進出後、人気絶頂だったころにAV女優と部屋から出てきたところを写真に撮られた。その時に、AV女優がいかにも驚いたという風の顔をしたため、岡村は「ハメられた」と気づいたという。

 さらに別の機会には自称巨乳釘師の女性が現れてカラオケをともにした。二人で出たところを写真に撮られ、翌日「記者会見をします」と告げられ、一方的に岡村に口説かれた様子を話された。こちらもマスコミと女がグルになった完全なる売名行為であったといえる。そうした過去の経験もあるため「マスコミュニケーション」に対する深い不信が岡村にはあるのだろう。

 岡村は独身であり恋愛は自由である。さらには女性には紳士的な態度で接することで知られ、借金暴行暴言といったトラブルはまず聞かれない。岡村の本音としては「そっとしておいて欲しい」なるものがありそうだ。
(文=相川ナロウ)

ナイナイ岡村隆史が“熱愛報道”をさらっと否定、本当に何もない?のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!