8日、フジテレビで毎年恒例の「志村けんのバカ殿様 マツコもサンドも氷川も初笑いSP」が放送された。お笑いタレント・志村けんが演じるバカ殿に謁見するゲストの姫役としてタレント・小島瑠璃子が出演。小島が挑戦したコントは、城内を案内されているうちに迷子になり、バカ殿の部屋にある鏡を割ってしまった姫が、それをごまかすため鏡に映ったバカ殿になりきるというお馴染みのものである。出演する姫役の芸能人で白塗りメイクまで行うことは今までなかった。しかし、バカ殿と同様に白塗りメイクを施した小島の女芸人顔負けの全力パフォーマンスが大反響を呼んでいる。

 最初のうちは、バカ殿の動きにうまく合わせて鏡に映る人物のように振る舞っていた姫だが、途中から徐々に動きがずれ、スタジオ内では笑いが飛び出す。最後には頭上から水を浴びせられ、バカ殿メイクのままずぶ濡れに。苦悩した表情が露わになると、スタジオは爆笑の渦に包まれた。

 そんな全身全霊で挑んだ小島に対し、ネットでは「こじるり白塗りまでやるなんて力入れすぎ(笑)何やってんの(笑)」「バカ殿メイクなのに顔かわいいってすごい」「めっちゃ爆笑もんだしかわいいわ」と、絶賛する人が続出した。思わぬ小島の演出が、ファンをより一層虜にしたようだ。

 小島といえば、今ではテレビで見ない日はないほどの超売れっ子タレント。バラエティだけではなく、情報番組やスポーツキャスターを務めるなど、マルチな才能を活かし多くのレギュラー番組を抱えている。昨年の7月に行われた「第25回参議院選挙」では、テレビ東京で放送された「TXN選挙SP 池上彰の参院選ライブ」に出演し、開票センターから丁寧に開票の様子をレポートする姿が、“小島無双”として話題を集め新境地を開拓したほどである。

 常に幅広いジャンルに誠実にチャレンジしている小島だが、昨年12月に都内で行われた「PUBG LITE」先行体験オープニングイベントでは、「一生懸命仕事をやって“あざとい”と言われると、じゃあ手を抜いたらいいのかみたいになる」「逃げ道がわからない」と、心底悩んでいる様子を見せた。しかし、今回多くのファンから賞讃されたバカ殿メイク姿は、小島なりの答えにたどり着いた結果なのかもしれない。

 何事にも果敢に挑み続ける小島のさらなる活躍を、世間は期待している。

小島瑠璃子「女芸人顔負け」!志村けんも驚く“バカ殿メイク”で限界突破のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!