3日放送のバラエティー番組『マツコの知らない世界SP』(TBS系)に歌手の宇多田ヒカルが出演。私生活について司会のマツコ・デラックスとトークを繰り広げられたのだが、この時の宇多田に対するセクハラとも取れる発言が大きな非難を呼んでいる。

 現在4歳の息子とイギリス・ロンドンで2人暮らしだという宇多田。

 その息子ついてマツコが「子どもは(宇多田の)血引いてる?」と質問すると、宇多田は「そうですね、すごく」と返した。その話にマツコは「(宇多田の母)藤圭子から宇多田ヒカルってのが凄い!」と声を上げたのだが……。

 続けて、マツコは宇多田に「もう1回、子供産めない?」と発言。宇多田がその理由を尋ねると、「女の子を作って欲しいの」と返したのである。このマツコの自己中心的な発言に「何言ってるのマジで」「さすがにこれは酷いだろ」と非難が続出。ネット上で早くも炎上騒ぎとなっている。

「子供を産んでほしい、さらには性別まで指定する始末ですからね。この発言がマツコさん以外の方なら、それこそ大問題になっていたと思います。また、母親の藤圭子さんにも触れていましたが、2013年に飛び降り自殺で亡くなっていますからね。これに関しても非難を呼んでいる状況です」(芸能ライター)

 宇多田への「子供を産んで」発言でバッシングを浴びるマツコだが、こういった問題発言は以前にあった。それが、立花孝志党首率いるNHKから国民を守る党への「気持ち悪い」発言だ。

マツコ・デラックス「女性蔑視発言」で大炎上…… 「女の子を産んで」宇多田ヒカルへ“性別要求”に非難続出のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!