飯島愛「突然の死」の裏に怪しい実業家と闇人脈? 背後にあったゴタゴタとは(4)

編集部

飯島愛「突然の死」の裏に怪しい実業家と闇人脈? 背後にあったゴタゴタとは(4)の画像1

 08年のクリスマスイブに遺体となって発見された、元人気タレントの飯島愛さん。その死の真相をめぐり、現在まで様々な噂が飛び交っている。そのほとんどは、飯島さんの尊厳を傷つけるデマであることが分かっているが、どうしても怪しい関係を疑いたくなる危険な人脈とのつながりがあった事実も、その後、浮かび上がっていた。

 飯島さんがはじめようとしていた女性のためのネットショップのスポンサーとなり、4000万円もの運転資金の提供を約束していた実業家・Aのことである。

「Aは、投資ファンドから飲食店、アパレルなどの企業グループを形成し、急速に頭角をあらわしてきた男で、六本木、麻布界隈の夜遊びシーンでも目立つ存在で、大物芸人のタニマチとして、芸能マスコミの間でも徐々に知られるようになっていました。飯島さんは、仲の良かった芸人からの紹介ということで、Aに全幅の信頼を置いていたといいます」(芸能ジャーナリスト)

 しかし、土壇場になってAからの資金がショートしてしまい、飯島さんのビジネスは暗礁に乗り上げてしまったという。芸能界を辞めてまで実現させたかった夢へ、あと一歩のところでの大きなつまずきに、飯島さんは大変なショックを受け、周囲スタッフとの連絡も絶って引きこもってしまったという。

 絶好調であったはずのAに、何があったのか。

「その背景に、Aが首謀者として大きくかかわったといわれる、ある経済事件の存在があるといわれています。Aは、この事件で不正に100億円近いカネを得たと噂されており、このカネでAはバブルを謳歌していたといいます。しかし、Aとともにこの事件の青写真を描いた公認会計士の会社に東京国税局の強制捜査が入り、A氏の周辺にも捜査の手が伸びようとしていた。飯島さんのビジネスがスタートする予定だったのは、まさにそんなタイミングで、Aは慎重にならざるを得ず、予定されていた運転資金も動かせなくなってしまったようです」(同前)

飯島愛「突然の死」の裏に怪しい実業家と闇人脈? 背後にあったゴタゴタとは(4)のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!