飯島愛「死因」陰謀論はデマか……闇を演出してしまった実業家の存在(3)

編集部

飯島愛「死因」陰謀論はデマか……闇を演出してしまった実業家の存在(3)の画像1

 08年のクリスマスイブに遺体となって発見された、元人気タレントの飯島愛さん。その死の真相は、現在も多くの人々の関心事のようだ。

「行政解剖の結果、死因は肺炎と発表されましたが、死に至った状況などはまったく説明されませんでした。これが、多くの憶測を呼ぶ一因ともなっており、飯島さんの尊厳を傷つける、覚せい剤説などもまことしやかに報じられることとなったんです」(芸能記者)

 だが、当時、取材したある医師は、「特発性間質性肺炎で亡くなった可能性は十分にあり得るでしょう」と、こう語っていた。

「特発性間質性肺炎は、薬の副作用などで起こることもありますが、これといった原因というよりも、加齢や喫煙、環境、体質など複数の要因が絡み合い、発病すると考えられています。息切れや咳などの症状がありながら、軽い風邪や疲れのせいと放置しているうちに進行し、急性増悪を起こして数日のうちに亡くなってしまうケースも多く、毎年、数千~1万人程度が、この特発性間質性肺炎で亡くなっているんです」(同前)

 飯島さんは、亡くなる直前まで、ハルシオンなどの睡眠導入剤や歯科用の麻酔薬、痛み止めの治療薬を常用していた事実が分かっており、またヘビースモーカーであったことも知られていた。

「とくに喫煙はリスクを高めるといわれています。体力や気力が著しく低下したところに、こうした要因が絡み合い、特発性間質性肺炎を発病したと考えるのが妥当では」(同前)

 というから、はじめから陰謀説などが論じられる余地などなかったのである。当時の飯島さんに、その体力、気力を著しく低下させる事態が発生していたことも分かっている。

 当時、飯島さんは女性のためのネットショップをスタートさせるべく、その準備に奔走していたが、飯島さんを資金面でバックアップしていた、事実上のタニマチであったA という若手企業家からの運転資金が直前になってショートしてしまったことが分かっている。そのため、目前に迫ったショップのオープンが危ぶまれ、飯島さんは大きく落ち込んでいたというのだ。

 そして、このAなる男の背後関係が、まだどうにも怪しく危険であることも、飯島さんの死を何やら大きな闇のあるものであるかのように演出してしまったとも言えそうだ。

飯島愛「死因」陰謀論はデマか……闇を演出してしまった実業家の存在(3)のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!