闇営業問題で吉本興業から契約解消された、雨上がり決死隊・宮迫博之の「復帰プラン」が早くも頓挫している。

 復帰後初の仕事として来年1月から上映される舞台「七転抜刀!戸塚宿」に出演すると一部で報じられていたが、主演の大御所芸人・明石家さんまは「復帰しません」と、自身がパーソナリティーを務めるラジオ番組でその報道を全否定。復帰計画を延期することを明かした。

「ラジオで明石家さんは『バレてしもたら、ダメな企画だった』とも話していたので、もともとは出演させる予定だったと見られています。ただ、バレないように復帰させることなんで到底不可能ですし、他になにか理由があったとしか思えません、業界関係者いわく、『世間の反応次第』とのことですが……(芸能ライター)

 未だに宮迫に対するバッシングは多く、今回の「復帰白紙」に対してネット上では「復帰させる必要性は?」「そこまで需要はない」などと辛辣なコメントが続出。「世間の反応」を考慮するのであれば、とても復帰させる環境ではないだろう。

 先日、開催された明石家が呼び掛けた激励会「みんなで一緒にオフホワイトからブラックに、そして白紙に戻った男を囲む会」では、多くのテレビ各局の制作幹部、お笑い関係者が集結したようだが、そこでも復帰に向けた具体的なプランは発表されなかった模様。宮迫の芸能界復帰は遠のくばかりだ。

「ここ最近は木下優樹菜さんの『タピオカ恫喝騒動』や沢尻エリカさんの『合法麻薬逮捕』など、物騒な話題が多かったですからね。世間の目が逸れた今の状態であれば、復帰してもそこまで注目されないと思われましたが、明石家さんの『白紙発言』で現在も宮迫さんに関心が寄せられていることが分かりましたね。しかも、その多くが復帰を疑問視。この状態で宮迫さんをテレビに出演させることは非常に難しいと思いますよ。当分の間は、自粛が余儀なくされるのでは?」(記者)

 カメラのない舞台への復帰ですら非難を浴びる宮迫。このまま世間の理解を得られない以上、テレビ出演などまさに夢のまた夢なのでないか。

宮迫博之「白紙決定」復帰プランが台無しに? 「もう需要ない」未だにバッシング止まらず……のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!