滝沢秀明「作戦」失敗?ストスノデビュー曲が「引っかからない」とはの画像1 11月27日、音楽特番『ベストアーティスト2019』(日本テレビ系)に、ジャニーズ初の同時デビューを飾ることが発表されたSixTONESとSnow Manが生出演。

 ベールに包まれていた各々のデビュー曲を披露して話題になったものの、ファンからは「デビュー曲にしてはインパクトが無いのでは」といった心配の声が続出している。

 SixTONESの楽曲「Imitation Rain」はX JAPANのYOSHIKIが作詞作曲を手がけたピアノが印象的なミディアムロック。歌詞に「紅に染まるまで雨に打たれて」といったワードが入るなど、X JAPANの名曲『紅』を彷彿とさせる部分もある。

 対するSnow Manの楽曲「D.D.」は“ダンシング・ダイナマイト”を略したタイトル通りの激しいダンスナンバーで、アクロバティックなパフォーマンスやフォーメーションダンスの要素も取り入れた仕上がりとなっていた。

「2グループともダンス&歌ともにパフォーマンスのクオリティが高く、とてもデビュー前とは思えないくらいに仕上がっていましたね。

 特にSnow ManのダンスについてはK-POPアーティストと比べても遜色のない切れ味だとして、ネットでも賞賛の声が多数上がっていました」(芸能事務所勤務)

滝沢秀明「作戦」失敗?ストスノデビュー曲が「引っかからない」とはのページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!