元NGT48で女優の山口真帆が30日にツイッターを更新し、一部スポーツ紙による『暴行グループとの繋がり証拠写真発見』という報道が名誉毀損だと反論した。

 スポーツ紙が報じた『繋がり証拠写真』とは17年の4月に千葉・幕張メッセで開催されたNGT48のイベントで撮影されたもの。写真には山口真帆本人と加害者男性が写っており、山口と加害者がある数字を表すポーズをとっている。

 ネットでは「ただの握手会の写真。こんな写真で判決を覆そうなんて、AKSはさすがに往生際が悪い」「いつまで被害者を傷つければ気が済むんだろう」など山口擁護の声ばかり。「判決とかは多分どうでもよくて、ただ山口さんの足を引っ張りたいだけでやってるのでは」と当時の所属事務所であるAKSを非難する声も多数上がっている。

「一部スポーツ紙では、写真のポーズが当時同じマンションに暮らしていたふたりの部屋番号、つまり加害者男性の部屋番号『602』と山口さんの部屋番号『303』を表しており、それがふたりの親密さを暗喩していると報じられました。

 ふたりの意思が疎通して意図的にこのポーズをとったならば問題でしょうが、こうした撮影イベントではアイドルがファンのリクエスト通りにポーズをとるものです。山口さんも言われた通りにポーズをとっただけと思われ、これだけで親密さの根拠だとするのは暴論でかもしれませんね」(芸能誌ライター)

 これまで沈黙を続けていた山口もツイッターで猛反論。今回ばかりは我慢の限界を越えたようだ。

山口真帆「ブチ切れ」あまりにも暴論な「親密写真」に驚愕のページです。エンタMEGAは、エンタメ社会・事件の最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!