木下優樹菜も霞む「超ヤンキー」タレントの伝説エピソード!卒業式で「特攻隊」など大物アイドルも実はツッパリだった?の画像1

 オーナーへ恐喝DMを送るなどした“タピオカ騒動”の一件で、すっかり“チンピラ”なイメージが付いてしまったタレントの木下優樹菜。

 元はと言えば、自ら「元ヤン」と公表している木下だが、最近は“ママタレ”としても活躍中だ。「ヤンチャだったのにしっかりと子育てしている」「ヤンキーでも立派なママ」といったギャップは多くの女性から支持され、バラエティのみならずCMにも出演するなど好感度も高かった印象。基本的にイメージの悪い「元ヤン」という過去を、有効活用していた数少ないタレントと言えるだろう。

 その一方で、木下のようにアピールせず「実は元ヤンだった」というタレントも数多く存在する。あくまでも当時の同級生や地元住民からのウワサだが、木下のヤンキー伝説も霞む?逸話も少なくない。

 まず、その筆頭として挙げられるのが、“キョンキョン”こと女優の小泉今日子だ。

「往年のファンの方ならすでにご存知だと思いますが、小泉さんは神奈川県で有名なヤンキーだったそうです。不良グループでは代表を努めており、いざという時はトラブルシューターとしても活躍していたとか。

ちなみに、小泉さんが通っていたとされる津久井高等学校は神奈川県相模原市では超有名なヤンキー高校。数多くの猛者が集まる学校で知られています。そこに通っていたとなれば、ヤンキー説も納得できますね」(記者)

木下優樹菜も霞む「超ヤンキー」タレントの伝説エピソード!卒業式で「特攻隊」など大物アイドルも実はツッパリだった?のページです。エンタMEGAは、エンタメ社会・事件の最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!