手越祐也「芸能界追放」に追い込む暴露本が登場!? 闇営業問題の余波はジャニーズにも?の画像1

 所属タレントを振り込め詐欺グループに仲介していたとして、お笑いコンビのカラテカ・入江慎也が6月に吉本興業から契約を解消。さらには、振り込め詐欺グループの忘年会に入江のほか、宮迫博之、田村亮などが参加していたことも発覚し、宮迫も契約解消となった「お笑い芸人による闇営業問題」。

 お笑い界の秩序を大きく変えてしまったともいえる今回の問題だが、その余波はジャニーズにも広がりそうな気配だ。

 宮迫との「親密ピース写真」で注目を集めた博多7億円金塊強奪事件。その主犯格で現在服役中の野口和樹被告が、事件の裏側を綴った「半グレと金塊 博多7億円金塊強奪事件『主犯』の告白」という暴露本を出版することが明らかになったのである。

 今回の本で「名古屋の半グレ兄弟」と恐れられた男の数奇な生い立ちや、金塊強奪事件の真相、そして著名人との交流関係も暴かれるとのこと。その著名人として宮迫のほか、なんとNEWSの手越祐也も含まれている可能性が高いというのだ。

「2011年、金塊強奪事件の犯行グループの一人である小松崎太郎被告のSNSに、手越さんと一緒に映るピース写真が投稿されていたんです。それに対し手越さんは『軽率だった』『面識もないし、名前も知らない』と取材陣に説明し、またジャニーズ事務所も『写真を求められて撮っただけ』とグループとの関係性を全否定。あくまで偶然の出来事のようですが……。

野口被告の暴露本で、宮迫さんのみならず手越さんとの交友関係が暴かれるとすれば、芸能界を震撼させる一大事となるでしょうね。発売予定日の19日に大きな注目が集まりそうだです」(芸能ライター)

 手越といえば、サービス精神に溢れる「ファン思い」の人物で知られている。強奪グループとのピース写真も「ファンサービスの一環」であってほしいところだが……。

手越祐也「芸能界追放」に追い込む暴露本が登場!? 闇営業問題の余波はジャニーズにも?のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!