CS横浜DeNA「何故、エスコバー?」で大逆転負け! 1回4失点も「謎の続投」に横浜ファンから悲鳴続々……の画像1

 

 これが6連勝「奇跡のCS」の勢いなのか。

 5日、プロ野球・クライマックスシリーズが幕を開け、セ・リーグ3位阪神タイガースを本拠地に迎え撃った2位横浜DeNAベイスターズだったが、まさかの大逆転負けを喫した。明日敗れればCS敗退の崖っぷちに追い込まれた。

 横浜にとっては序盤、中盤と最高のゲーム運びだった。

 まずは初回、阪神・西勇輝が立ち上がりから連打を浴びせると、3番筒香嘉智が先制3ラン。なお勢いが止まらず、4番ロペス、5番宮崎敏郎が連打したところで打球が西の足を直撃……結局、西はわずか12球、1アウトも獲れないまま無念の降板となった。

 さらに、横浜は5回からマウンドに上がった島本浩也に襲い掛かる。

 島本は横浜の主砲・筒香に対して、これまで11打数無安打と完璧に抑えていた。それだけに戦前「弱点は分かっている。自分の球さえ投げれば、いい結果になる」と自信を見せていたが、筒香の初ヒットがタイムリー。その後、意気消沈したのか連打を浴びて4失点。試合は7-1と完全に横浜ペースだった。

 しかし、横浜にとっての悪夢は終盤に待っていた。7回、マウンドに上がった3番手のエスコバーが阪神打線に捕まり、北條史也に3ランを被弾……。なんとか後続を抑えたが、7-5まで詰め寄られた。

 横浜ファンにとって首をかしげざるを得なかったのは、7回裏の攻撃だ。

 阪神・ドリスの前に2アウトを獲られた横浜だったが、ここでラミレス監督はそのままエスコバーを打席へ。三球三振であっさりと攻撃が終了した。

CS横浜DeNA「何故、エスコバー?」で大逆転負け! 1回4失点も「謎の続投」に横浜ファンから悲鳴続々……のページです。エンタMEGAは、スポーツの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!