高校生歴代最速の163キロを誇り10月17日に行われるドラフト会議で最大の目玉となっている佐々木朗希投手(大船渡高校・3年)が10月2日、岩手県大船渡市で会見し、プロ志望を正式に表明した。

 12球団どこから指名されてもプロ入りする意向で「レベルの高いところでプレーしたいと思いプロ志望届を提出しました。夢や希望を与えられる選手になりたい。タイトルすべてを獲れるようなピッチャーになりたい。自分のできることを精いっぱいやって、全力プレーを見せられたらいいです」と話した。

 同じ岩手県出身で高校時代に160キロの剛速球を投げた共通点からアメリカメジャーリーグ・エンゼルスで活躍する大谷翔平と比較されることも多い。

「大谷同様、中学時代には成長痛のともなう、腰の疲労骨折に悩まされていました。それだけ一般人離れした規格外の体格ということなのでしょう。佐々木と大谷は、いずれも青森県にある名医のもとで成長による骨折を克服、160キロを超える球を投げられるようになりました」(野球関係者)

 日本を代表するエースになるともいわれている佐々木。プロではどのようなピッチングをみせてくれるのだろうか。

 某球団スカウトは「ポテンシャルは大谷くん以上です。この能力をどうやって開花させるか、佐々木くんが入団する球団の教育方針が試されます。背丈は十分ですが、まだ筋肉量はプロのレベルにありません。これからプロの世界の厳しい練習についていき、走り込みをしてスタミナをつけていくのが一番でしょう。あと佐々木くんは高速フォークを決め球にしていますが、その精度を上げることができれば15勝は勝てる投手になるでしょう。ケガに弱いので、体だけは気をつけてもらいたいものですね」

 プロ野球最速は大谷が持つ165キロ。佐々木はそのスピードを超えられることができるのか。大谷以上の活躍することができるのか、注目が集まる。

高校野球佐々木朗希「大谷翔平以上」のポテンシャルとの声も。心配は「球団」と「身体」のページです。エンタMEGAは、スポーツエンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!