新海誠監督「天気の子」に、声優・本田翼が降臨!棒演技で評判なだけに、この起用はDEAD OR ALIVE!の画像1

 

 大胆な起用は、吉と出るか凶と出るか・・・。

 社会現象を巻き起こしたアニメ映画「君の名は。」を手がけた新海誠氏の、新作アニメーションの存在が明らかになった。その名は「天気の子(7月19日公開)」。声優陣は軒並みビッグネームで、重要なキーパーソンを俳優・小栗旬と女優の本田翼が担当する。そして脇を固めるサブキャスト陣は盤石で、「ハウルの動く城」のソフィー役が高評価を集めた倍賞千恵子や吉柳咲良、平泉成、梶裕貴などが声で作品を彩る。しかし、新海ファンは本田翼の起用に疑問を感じているようだ。

 同作は、天候の調和が狂う時代をテーマとして、数奇な運命をさまよいながらも自身の生き方を選択する少年と少女の物語。その2人を約2,000人の中からオーディションを勝ち抜いた新進気鋭の俳優・醍醐虎汰朗と森七菜が務めるとあり、若々しい役柄をどのように演じるのか注目を集める。そして、小栗は少年を住み込みで雇うライターを、本田はそのライターの事務所で働く女子大生を演じる。主人公と関わるポジションであり、人気俳優・女優を使うからには相当な重要なシーンがあるのだろう。

新海誠監督「天気の子」に、声優・本田翼が降臨!棒演技で評判なだけに、この起用はDEAD OR ALIVE!のページです。エンタMEGAは、エンタメ映画の最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!