TOKIO城島茂「酒浸り生活」で解散危機再び?の画像1

 「TOKIOが“空中分解”の危機にある」。23日発売の週刊文春が、そう報じた。

 山口達也が脱退してから1年が経過したTOKIOだが、今度はグループ内での不和の噂がささやかれ、再びの解散危機が訪れている。そしてその不和を、リーダーである城島茂が解決できていないという。文春によれば、その理由は城島の“酒浸り”にあるようだ。

 2018年4月、山口が強制わいせつの疑いで書類送検された。メンバー4人が頭を下げた謝罪会見を覚えている方も多いだろう。山口は起訴猶予処分となったが、5月にはTOKIOを脱退しジャニーズ事務所からも退所している。
 そして山口脱退と同時に音楽活動を休止しているTOKIOだが、最近は「音楽活動を希望している」という長瀬智也の脱退説まで飛び出している。

 リーダーとして、バラバラになりそうなグループをまとめるべき立場の城島だが、現在はそのリーダーシップを発揮できていない、と文春は伝えている。城島は日々、自宅近くのラウンジで泥酔する生活を送っていて、仕事に身が入っていないという。飲酒が絡んでの不祥事となった山口だったが、実は業界内では城島のほうが“心配になるレベルの酒好き”として有名なのだ。

TOKIO城島茂「酒浸り生活」で解散危機再び?のページです。エンタMEGAは、アイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!