ZOZO宇宙船が「座薬みたい」で世間同意……前澤友作社長金満ぶり顕著も「宇宙船が飛ぶか、会社が飛ぶか」の画像1

 

 最近は株価の落ち込みばかりが取りざたされているZOZOの前澤友作社長。忘れられがちだが、昨年9月、宇宙開発企業のスペースX(アメリカ)を率いるイーロン・マスク氏と共に、「2023年にも月旅行を行う」と発表している。

「宇宙船の前に会社が飛びそう」なんて声すらも聞こえているが、一応着々と準備は進んでいるようだ。使用される宇宙船の「テスト機」が完成、先月お披露目されている。

 宇宙船は銀色の「銃弾」のような形に羽根がついており、少々「レトロ」なイメージ。「これで月の裏側いけるのかな」と、見てくれに関する疑問も出ているが……。

「一部では『座薬みたい』と突っ込まれ、多くの同意もありますね。確かにいわれてみれば……という感じです。もちろん『かっこいい』という意見もありますが。あくまでテスト機なので、実際に飛ばすのはもっとオーソドックスな『宇宙船』のようですよ。そもそも2023年にZOZOの会社がどうなっているのかも謎ですが……」(記者)

 前澤氏は昨年、その金満生活ぶりをメディアに垂れ流していたが、それによってやっかみや反発、さらには本業への疑問なども暴露され、株価がどんどん下がっている状況だ。

 テスト宇宙船はちゃんと飛ぶのだろうか。そしてその実現までZOZOは大丈夫だろうか。

ZOZO宇宙船が「座薬みたい」で世間同意……前澤友作社長金満ぶり顕著も「宇宙船が飛ぶか、会社が飛ぶか」のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!