朝倉未来、シバターと「絶縁」はあり得ない? 再生回数を効率的に稼ぐ戦略か…【今週話題の人気YouTuber】

編集部

 ジャニーズ、アイドル、そしてYouTuberの動向にも目を光らせる総合エンタメサイト「エンタMEGA」。YouTubeに絶賛ドハマり中の編集Kと、まだまだテレビっ子のライター・ヨシヒコが、独断と偏見でピックアップした「今週話題のYouTuber」を紹介していくよ!

●2度目の言い争いに……今回こそ本当の絶縁か?

ヨシヒコ:プロレスラーでYouTuberのシバターが3月30日、自身のYouTubeチャンネルを更新。「格闘家の朝倉未来に嫌われた」と題した動画内で、朝倉への想いを涙ながらに打ち明け、話題になっています。

編集K:どこが“涙ながら”だよ! 何回もまばたきして無理やり涙を出そうとしているじゃん(笑)。

ヨシヒコ:確かにその通りなんですが、この動画を出すことになった経緯って知ってます?

編集K:あーアレでしょ。雨上がり決死隊の宮迫博之とオリエンタルラジオ・中田敦彦が司会を務めるYouTubeトーク番組『Win Win Wiiin(ウィンウィンウィーン)』に朝倉が出演した際、番組内で「再生数が低迷していたシバターを朝倉が昨年大みそかの格闘技イベント『RIZIN』に推薦した」などと紹介され、それに対してシバターが「勝手にオワコン扱いして、勝手に復活した扱いするな!」「なんでもかんでも自分の手柄にしてんじゃねえ」と反論したんだよね。(関連記事:https://entamega.com/59372

ヨシヒコ:その反論に対して朝倉は「シバターとは本当に終わりかもしれない」と題した動画をアップ。シバターの主張を否定しつつ、真剣な表情で「あ、そういう言い方で返してくるんだっていうのは、俺のなかで糸がぷつんと切れちゃって」「ほんとの意味で終わっちゃったかなって」と、シバターとの“絶縁”を示唆しています。

編集K:今回のような言い争いって前にもあったんだよね。シバターが自身のInstagramで「今日はヒカルとラファエルといそまると朝倉兄弟と大阪を満喫します! 伝説の日になるぞ!!!」と綴ったことに対して、朝倉は3月10日の動画で、シバターの投稿内容と「無関係」であることを主張し、「ウソをつき始めたら、もういけない」「やっちゃいけないことやり始めちゃったな」と非難。

ただその一方で、「裸でプロレスのパンツみたいの履いて、『メンヘラになってごめんなさい』みたいな動画をあげてきてくれたら、俺も『シバターしかおらんな』って思う」「シバターがこのことを反省し、土下座とかしてきたときには、コラボしてあげてもいいかな」と、シバターへの愛あるフリ(?)もしていて、これに応える形でシバターは土下座しながらの号泣動画をアップしていた。こうしたやり取りを見る限り、今回もふたりの茶番劇としか思えないな~。

ヨシヒコ:視聴者の間では「ガチ派」と「茶番派」で意見が分かれているようです。

編集K:そもそもガチなら動画すら出さずに絶縁するのでは? しかも「シバターとは本当に終わりかもしれない」の動画で朝倉は、珍しくサングラスをかけているんだよ。

ヨシヒコ:確かに珍しい。最近の朝倉は素のままで動画に出ていますもんね。それに冒頭で「悲しいお知らせになっちゃうかな……」と切り出した時、わずかに微笑んでいるように見えます(笑)。それ以降はスイッチを入れたのか、冷静な態度で淡々と語っていますが。

編集K:そうそう! 表情を隠すためにサングラスをかけたんじゃないかな。「目は口ほどに物を言う」って言うし。

いずれにしても、ヤンキー上がりである朝倉の“ガチっぽさ”がいいアクセントになっているし、“プロレス”をよく分かっているシバターとは相性抜群だと思う。

ヨシヒコ:動画的に面白いし再生回数も稼げる、さすがはトップYouTuber。今後もふたりの口撃合戦から目が離せませんね。

(構成=編集部)

朝倉未来、シバターと「絶縁」はあり得ない? 再生回数を効率的に稼ぐ戦略か…【今週話題の人気YouTuber】のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!