シバターの宮迫博之批判が物議! 朝倉未来から「糸がぷつんと切れちゃって」と決別宣言も

鈴木紬

 プロレスラーでYouTuberのシバターが29日、自身のYouTubeチャンネルを更新。YouTube界で活躍する雨上がり決死隊の宮迫博之を一刀両断した。

 27日に配信された宮迫とオリエンタルラジオ・中田敦彦が司会を務めるYouTubeトーク番組『Win Win Wiiin(ウィンウィンウィーン)』に、格闘家の朝倉未来がゲストに出演。番組では、再生数が低迷していたシバターを朝倉が昨年大みそかの格闘技イベント『RIZIN』に推薦したことが紹介され、中田が「『RIZIN』で勝ったもんだから、(シバターのチャンネルの)アベレージの再生数がガンガン上がってって……」「未来さんがシバターを再生させた」などと絶賛した。

 しかし、シバターは今回の動画で『RIZIN』は朝倉の推薦ではなく「朝倉兄弟のマネジャーから話をもらった」と内容を訂正。再生数もそれほど落ち込んでいなかったといい、「勝手にシバターをオワコン扱いして、勝手に復活した扱いするな」「あいつ(朝倉)ね、物事をおっきく言って、自分をすげえかっこよく美化して見せんのよ」「なんでもかんでも自分の手柄にしてんじゃねえ」と朝倉に苦言を呈した。

 さらに、番組内で司会のふたりが“シバターをゲストに呼びたい”という旨を語ったことに対し、シバターは「出る気まったくないです。なぜなら、宮迫のことが嫌いだから」ときっぱり。「宮迫自体がまったく面白いと思わない」「“昔すごかったのかもしれない人”って感じ」と語り、「(芸能界から)YouTube来たら、(YouTuberの)ヒカルくんにおんぶに抱っこじゃん」「プライドを投げ捨てて、YouTuberに媚び売ってる感じが気持ち悪くてしょうがない」と批判した。

 一方、中田については「他のYouTuberの力をさほど借りることなく、自分の力で自分のチャンネルをすごいところまで伸ばしてる」と評価し、「あっちゃんは好き」と語っている。

 この動画の配信後、朝倉は自身のYouTubeチャンネルに「シバターとは本当に終わりかもしれない」と題した動画を投稿。「俺が(『RIZIN』に)推薦したんですよ、完全に」にシバターの主張に異論を唱え、「あ、そういう言い方で返してくるんだっていうのは、俺のなかで糸がぷつんと切れちゃって」「ほんとの意味で終わっちゃったかなって」とシバターとの決別を示唆した。

 シバターの動画は30日現在、“高評価5555、低評価6680”と低評価が上回っており、コメント欄には「未来のおかげで再生数伸びて復活したのは本当じゃん 感謝の気持ちは忘れないように」と朝倉を擁護するコメントが相次いでいる。加えて、宮迫を批判したことに関しても賛否が飛び交っており、“プチ炎上”状態となっているようだ。
(文=鈴木紬)

<ライタープロフィール>
芸能誌の編集者を経て、エンタメ系ライターとして活動。関心のあるジャンルは、女性アイドルグループ、K-POP、ドラマ、お笑い、ユーチューバーなど。芸能人のSNSのパトロールが日課。

シバターの宮迫博之批判が物議! 朝倉未来から「糸がぷつんと切れちゃって」と決別宣言ものページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!