華原朋美、KEIKOと「反小室同盟」結成!? 「一緒にステージで歌いたい」とコラボ提案

斉木順

 歌手の華原朋美が、元恋人・小室哲哉と離婚したglobeのKEIKOに向けて「一緒に歌いたい」と仰天の提案をしていたと報じられ、賛否を呼んでいるようだ。

 華原の仰天発言があったのは、今月20日に都内の高級ホテルで開催されたディナーショー。発売中の「女性自身」(光文社)がその模様をリポートしており、チケット代は手数料なども含めると約1万5千円で食事代は別という強気の価格設定だったが、即完売で昼夜2回の公演は定員50名の客で満席になっていたという。
 
はじめに『LOVE IS ALL MUSIC』や『I BELIEVE』などの自身のヒット曲を歌うと、その後のフリートークでは物まねが飛び出すなどテンションが上昇。ついには元恋人である小室の離婚について話が及び、KEIKOに対して「私が歌ってきたglobeの曲は、今後は封印したいと思います。いつかKEIKOさんと同じステージに立って、一緒に歌う機会があればうれしいなと思います」と“同志”としてデュエットを提案したという。この仰天発言に会場は大いに沸いたようだ。

 また、質疑応答コーナーで女性ファンが感極まって泣きだすと、華原は「私も、そんなカワイイ心になりたい! 最近、みんなからデブって言われるから。毎日、ホットヨガに通っているの」と自らの体型をイジる赤裸々な自虐ネタ。さらに、28日付の「NEWSポストセブン」(小学館)によると、観客に「高いチケット料金を払ってくれてありがとう!」とぶっちゃけトークを炸裂させて笑わせていたそうで、この日は絶好調だったようだ。

 当日のトークでとくにファンの間で話題になっているのは、やはり「EIKOさんと同じステージに立って一緒に歌いたい」という発言。ネット上では「朋ちゃんいいこと言うわあ」「正直、観たい!」「KEIKOの離婚が成立した時点で朋ちゃんとのコラボはアリだと思ってた」といった期待の声が寄せられている。

 だが、その一方で「もう小室さんのことは忘れた方がいいのでは…」「リップサービスなんだろうけど、今はKEIKOさんのことを話題にすべきではないと思う」「KEIKOさんは巻き込まないでって思ってそう」「コラボというより被害者の会みたいで何か…」といった厳しい意見もあり、賛否両論となっているようだ。

 華原は4月1日に放送される『アウト×デラックスSP』(フジテレビ系)で約3年ぶりのバラエティー出演を果たすことが決定しており、その収録でも「男なんてみんな裏切る」「金持ちの会長と仲良くなりたい」などと絶好調のぶっちゃけトークが炸裂した模様。さまざまなトラブルや苦難を乗り越えて復活を遂げた華原は、以前よりパワーアップしたようにすら感じられる。KEIKOとの共演が実現するかどうかはともかく、ふたたび芸能界に大旋風を巻き起こしてくれるかも……?
(文=斉木順)

<ライタープロフィール>
雑誌や書籍、ネットメディアで芸能記事を執筆中。アイドルから俳優、歌手、大御所まで幅広くカバーする柔軟さと情報網が強み。

華原朋美、KEIKOと「反小室同盟」結成!? 「一緒にステージで歌いたい」とコラボ提案のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!