華原朋美、ボイトレ動画で「全盛期以上」の歌声! 「昔より上手くなってる」「声が優しくなった」と称賛相次ぐ

斉木順

 歌手の華原朋美が、ボイストレーニング中の動画を公開。全盛期に匹敵するほどの歌声を取り戻したことで、歌手としての完全復活を期待する声が高まっている。

 華原は2月27日、自身のYouTubeチャンネルに「ボイトレ中です♫」と題した動画を投稿。ピアノ伴奏に合わせ、JUJUの名曲『やさしさで溢れるように』を4分以上にわたってフルで熱唱するという内容だ。

 歌手として半休業状態だった時期もある華原だが、今回の動画ではヒット曲を連発していたころと比べても遜色ないほどの声の伸びを発揮。テクニック的には当時よりもはるかに上達しているようにも感じられ、歌い終わると伴奏者やスタッフから自然と拍手が発生し、華原自身も満足げな表情を浮かべていた。

 なぜか今回の動画はコメント欄が閉じられているが、3月1日時点で2600件以上の「高評価」がつくなどファンに好意的に受け止められているようだ。

 実際、SNSや掲示板サイトなどでは「高音が本当にきれい」「歌声がまったく変わってない…というか昔より上手くなってる」「いろいろあったのに、これだけ美しい歌声をキープしてるのすごい」「昔より声が優しくなって安定感が増した」「元気そうで安心したし、歌声に感動した」などと、応援&称賛の声が相次いでいる。

 華原といえば、昨年9月にヴァイオリニスト・高嶋ちさ子とのトラブルの末に「号泣謝罪」動画を公開したことが騒動に。家族のサポートを受けて治療のために緊急入院したとも報じられた。

 騒動をきっかけに大手芸能プロを離れたこともあって「今後の芸能活動は難しい」と見る向きもあり、先日はYouTubeに投稿した乗馬の動画でふくよかな体型に変化していたことに心配の声も上がっていた。

 だが、どうやら「歌手・華原朋美」は完全復活へ向けて着実に鍛錬を続けていた模様。傷だらけになっても立ち上がって美しい歌声を響かせる彼女の姿は、多くの女性ファンの共感を集めている。

 先日、くしくも元恋人の小室哲哉がglobeのKEIKOとの離婚を発表したが、華原もまた力強く自分の道を歩み始めたようだ。
(文=斉木順)

<ライタープロフィール>
雑誌や書籍、ネットメディアで芸能記事を執筆中。アイドルから俳優、歌手、大御所まで幅広くカバーする柔軟さと情報網が強み。

華原朋美、ボイトレ動画で「全盛期以上」の歌声! 「昔より上手くなってる」「声が優しくなった」と称賛相次ぐのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!