元NGT48・山口真帆、初主演「セリフ少なめ」報道にファン反発!?

鈴木紬

 元NGT48で女優の山口真帆が1月16日、自身のSNSを更新。人気同名漫画を実写化した映画『ショコラの魔法』(2021年初夏全国順次公開)で主演を務めることを発表した。

 Instagramで紫色のロングヘアとゴスロリファッションが印象的な衣装姿を公開した山口は、「主演:哀川ショコラ役で出演させて頂きます」と投稿。コメント欄には「主演おめでとう めっちゃ綺麗」「ゴスロリ姿よく似合ってますね」「まほほん可愛い」といった書き込みが相次いでいる。

 山口が演じるのは、食べると願いが叶う魔法のチョコレートを作るショコラティエで、漆黒のゴスロリファッションがトレードマークの美少女。ポーカーフェイスで、滅多に声を荒げることがないクールな性格だ。

 原作漫画は、アニメ化もされたネオ・ファンタジーホラー。監督は、織田裕二主演『SUITS/スーツ』や『ほんとにあった怖い話』(共にフジテレビ系)などの演出を手掛けてきた森脇智延氏が務め、脚本は元SDN48・大堀恵の夫としても知られる金沢達也氏が担当するという。

 撮影を終えた山口は、「映画初出演で初主演の私に務まるか不安になりましたが、スタッフや共演者の方々の協力があって乗り越えられました。衣装やヘアメイクも忠実に再現されているので、そこも注目してほしいポイントです」とコメントを寄せている。

 現時点で山口以外のキャストの発表はないが、17日付「東スポWeb」は、ますだおかだ・岡田圭右の長女で女優の岡田結実が出演していると報道。山口のセリフが“かなり少ない”一方で、岡田のセリフが“かなり多い”といい、主演に慣れていない山口を岡田がフォローしていたと報じている。

 さらに、山口は女優としては滑舌に“やや難”があるも、大手所属事務所・研音の“社長案件”であることから、大切にされているとも伝えている。

 記事の捉え方次第では、滑舌のせいでセリフが削られたかのような印象を受けることから、「YouTubeのちゃおチャンネルでアニメ版見たけど、もともとセリフの少ないキャラだよ!」などと反論するファンもいるようだ。

 山口の武器である抜群のルックスが生かされるであろう『ショコラの魔法』。ハマリ役となる可能性は十分ありそうだ。
(文=鈴木紬)

<ライタープロフィール>
芸能誌の編集者を経て、エンタメ系ライターとして活動。関心のあるジャンルは、女性アイドルグループ、K-POP、ドラマ、お笑い、ユーチューバーなど。芸能人のSNSのパトロールが日課。

元NGT48・山口真帆、初主演「セリフ少なめ」報道にファン反発!?のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!