指原莉乃、篠田麻里子のコラボ依頼を「ガン無視」!? “怖かった先輩”に憶測も…

鈴木紬

 YouTubeデビューした人気タレントの指原莉乃が、AKB48時代の先輩である篠田麻里子からの“コラボ依頼”を「無視しているのではないか」と話題だ。

 指原は1月1日、Twitterで「YouTube始めました~」「早速サムネの設定がうまくいってなくて、なんかアンニュイな顔しちゃってます!アンニュイな私もよろしくお願いします!」などと投稿し、「さしはらちゃんねる」の開設を報告した。

 この投稿に、昨年8月に自身のYouTubeチャンネル「篠田麻里子ん家」を開設した篠田が即座に反応。「わーい さっしーコラボしよー 楽しみにしてるー」とリプライを送った。

 いつもなら同業者への返信は必ずといっていいほど行っている指原だが、なぜか篠田のリプライには6日現在も無反応。ふたりは所属事務所が異なるため、ファンが見ている場で安易に「やりましょう」などと返信できない状況ともいえそうだ。

 ただ、ネット上では「昔いろいろあったんだろ」「マリコ様ってこじはるとコラボしたときも既婚マウントとってたし、やりにくい先輩っぽいよね」「正直言ってYouTubeでの篠田のママタレノリは、さっしーとは合わないよ」などの声もある。

 指原といえば、1日放送の『有吉の冬休み 密着77時間in沖縄』(フジテレビ系)でプライベートでも親しい元AKB48の小嶋陽菜と共演。小嶋から「(AKB48に)怖い子いなかったよね?」と問われると、これを否定し、実名を暴露していた。

 放送では名前が効果音で伏せられていたが、視聴者の間では「篠田麻里子では?」と予想する声が続出。篠田はかつて『AKB48選抜総選挙』の舞台上で後輩に「つぶすつもりで来てください。わたしはいつでも待っています」と強烈な檄(げき)を飛ばしたほか、グループ卒業後のインタビューで自身が“天狗状態”だったことを認めたこともあり、“怖い先輩”というイメージが世間に広まっているようだ。

 これまで、自身のチャンネルで小嶋や元AKB48・板野友美とコラボしてきた篠田。“テレビ界の女王”となった指原とのコラボは実現するのだろうか……。
(文=鈴木紬)

<ライタープロフィール>
芸能誌の編集者を経て、エンタメ系ライターとして活動。関心のあるジャンルは、女性アイドルグループ、K-POP、ドラマ、お笑い、ユーチューバーなど。芸能人のSNSのパトロールが日課。

指原莉乃、篠田麻里子のコラボ依頼を「ガン無視」!? “怖かった先輩”に憶測も…のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!