ワン・ダイレクション、ついに今年復活か? 結成10周年でSNS本格再始動にファン歓喜の画像1

 「21世紀最大のポップ・グループ」とも言われるワン・ダイレクションが、ついに再結成するのではとファンの期待が高まっている。

 2010年7月23日、英国のオーディション番組に参加したことをきっかけに男性5人組グループとして結成されたワン・ダイレクション。翌年デビュー曲を発表すると全英チャートで初登場1位となったほか、同年発表されたデビュー・アルバムは英国のグループとして史上初めてデビュー作での全米アルバム・チャート初登場1位を記録。これはあのビートルズすらも成しえなかった偉業だった。

 その後「デビューから4作連続して全米アルバム・チャート初登場1位を記録した史上初のグループ」という記録まで打ち立てた彼らは、2014年の世界ツアーが、ジャスティン・ティンバーレイク、ザ・ローリング・ストーンズ、ケイティ・ペリー、ブルーノ・マーズ、ビヨンセ&ジェイ・Zといった錚々たる顔ぶれを抑えて、この年開催されたツアーの中で興行収入1位(2億9000万ドル)となるなど絶大な人気を誇り、まさに世界を席巻した。

 しかし2015年3月にメンバーのゼイン・マリクが脱退。その後も4人で活動を続けたものの、11月に発表した5thアルバムをもって2015年いっぱいをもって活動を休止し、それぞれがソロとして活躍するようになった。

 だが、結成10周年となる今年、ついに再結成を果たすかもしれない。今年2月にはメンバーのルイ・トムリンソンが、TV番組のインタビューの中でワン・ダイレクションの再結成について「当然あるだろうね。いつになるかは分からないけど」と言及。3月にはナイル・ホーランが同様に、再結成を考えているか?と質問され、「Yes」と返事をしていた。また4月にはリアム・ペインが、結成10周年のためにメンバー間で打ち合わせを重ねていることも明かしていた。

 そして今月23日の結成10周年を前に、ワン・ダイレクションがSNSで本格的に再始動。Twitter、Instagram、Facebookなどのグループ公式アカウントが久々に動き出し、プロフィール画像等も一新。さらに記念日には、特設ウェブサイトを立ち上げ、また活動休止からおよそ5年ぶりの公式映像となる「10 Years Of One Direction」をYouTubeで公開している。

ワン・ダイレクション、ついに今年復活か? 結成10周年でSNS本格再始動にファン歓喜のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!