今年1月にアイドルグループ・欅坂46から卒業した“てち”こと平手友梨奈が、6月25日に19歳の誕生日を迎えた。

 それを受け、10月公開予定の出演映画『さんかく窓の外側は夜』の公式Twitterが祝福メッセージをアップしたが、一緒に投稿された“加工写真”について「こんなイジリ方されても怒らないんだ?」「イメージが変わった」と驚きの声が広まっている。

「投稿されたのは、平手の頭上にバースデーケーキ風の帽子のイラストを乗せた写真。加工感まる出しの強引すぎる仕上りだったため、ファンの笑いを誘っていましたが……。

平手といえば、スタイリッシュな欅坂46とは“世界観が違う”という理由で『CM撮影を中止させた』というエピソードが、今年1月発売の週刊誌『女性セブン』(小学館)によって報じられていましたよね。ところが、今回の写真はスタイリッシュとは正反対、むしろ相当ポップな出来栄え。そうした方向性の変化に対して、疑問の声も寄せられていました」(芸能関係者)

 一部のファンからは「こんなコミカルな加工されても大丈夫なの?」「懐が深くなった?」との意見が上がっていた平手。

 ただ、アイドル時代は“笑わない”という形容詞がつけられたものの、同Twitter上には明るい表情で映る動画が続出とアップされている。その変貌ぶりに驚きの声も少なくないが、一方で旧来のファンは「初期の頃みたい!」と本来の姿を取り戻した(?)平手に歓喜しているようだ。

平手友梨奈、イジメ“不仲疑惑”欅坂46・元メンバーと「軍団再結成」に期待!?のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!