ヤクザのボス、暴力刑事、サイコパスキラー三つ巴バトル! マ・ドンソク主演の犯罪映画『悪人伝』から目が離せないの画像1

(c) 2019 KIWI MEDIA GROUP & B.A. ENTERTAINMENT ALL RIGHTS RESERVED.

 筋肉一番! 太腕繁盛記と呼びたい。日本でもヒットした韓国映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』(2016年)で、押し寄せるゾンビの大群を素手でなぎ倒してみせたマッチョ俳優マ・ドンソク。彼が主演した犯罪映画『悪人伝』も、韓国では大ヒット。シルベスター・スタローン製作によるハリウッドリメイクも決まっている。マーベル・シネマティック・ユニバースの新作『ジ・エターナルズ(原題)』(2021年公開予定)にも出演しており、世界がその腕っぷしに注目している。

 そんなマ・ドンソクのマッチョな魅力を、『悪人伝』では存分に楽しむことができる。ドンソクが演じるのは、韓国の裏社会を牛耳るヤクザのボスであるチャン・ドンス。街で見かけたら絶対に目を合わせたくない強面のドンスだが、ある夜、見も知らぬ男から不意にナイフで刺されて殺されかける。筋肉の厚さのおかげで命拾いするが、ヤクザのボスとしての面目は丸潰れ。部下たちに命じて、男の行方を追う。

ヤクザのボス、暴力刑事、サイコパスキラー三つ巴バトル! マ・ドンソク主演の犯罪映画『悪人伝』から目が離せないの画像2

(c) 2019 KIWI MEDIA GROUP & B.A. ENTERTAINMENT ALL RIGHTS RESERVED.

 一方、チョン刑事(キム・ムヨル)は連続する殺人事件を捜査していた。一連の事件はどうやら同一犯で、無差別に相手を襲う快楽殺人鬼の仕業らしい。ドンスを刺したのも、この殺人鬼である可能性が高い。犬猿の仲であるドンスとチョン刑事は、犯人逮捕のために情報を共有することに。ただし、ドンスが先に見つけたら犯人はその場で八つ裂き、チョン刑事が先なら法で裁くという密約付きだ。

 ヤクザのボスVSサイコパスキラーVS暴力刑事、という三つ巴のバトルが展開される。牛丼屋の限定メニュー「うなぎと牛のW盛りセット」のようなゴージャスさを堪能できる。観客が楽しめるよう、徹底してエンタメ性を高めていく韓国映画の貪欲さが心地よい。

ヤクザのボス、暴力刑事、サイコパスキラー三つ巴バトル! マ・ドンソク主演の犯罪映画『悪人伝』から目が離せないのページです。エンタMEGAは、エンタメ映画の最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!