俳優の松田龍平が爆笑問題の太田光についた“嘘”について、太田が7月14日深夜に放送された『爆笑問題カーボーイ』(TBSラジオ系)の中で話した。

 これは、松田ゆう姫についてのトークの中で明かされたもの。ゆう姫は、父が故・松田優作、母が松田美由紀で、松田龍平と松田翔太を兄に持つという俳優一家の末っ子。海外に留学していた影響か、最近は『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)などで披露されたクールなタメ口キャラが話題になっている。

 番組で太田と田中裕二は、12日の『サンデー・ジャポン』(TBS系)にゆう姫が出演したことを振り返り、楽屋挨拶を訪れた芸能人に拳銃で撃つマネをして驚かせる太田の恒例行事について言及。放送前に挨拶に来たゆう姫にも太田がこの“エアーガン”をやると、「ひっどい! 最低!」とドン引きだったとか。太田はこれに「お前のオヤジはどんだけ(ドラマや映画で)撃ってんだ。こんなもん、かわいいもんだろう」とジョークで“追撃”したという。

 『サンデー・ジャポン』本編での共演の際には、「オレ、お笑い界の松田優作って言われてんだけど。意識する!?」などと太田が問いかけるも、「しない!」とゆう姫にあっさり突き放される場面もあったが、太田のそうした態度がおかしかったのか、「太田さんのそういうの、なんかケラケラ、ケラケラ可愛らしい感じで笑ってて」と、ゆう姫がよく笑っていたと田中は振り返り、ふたりとも「いい子だったよね」とコメント。ゆう姫の印象はコンビで一緒だったようだ。

 続けて太田は、『御法度』で俳優デビューした頃の兄・龍平と会った時のエピソードを話し始めた。大の優作ファンの太田は、「お父さんの作品とかどう思う?」と訊ねてみたものの、龍平からは、あまりにも偉大すぎるから一作も観たことがないと返答されたという。しかし、このエピソードをゆう姫に伝えたところ、「ああ、それウソウソ。全部ウソ」「全部観てると思うよ」とあっさり否定されてしまったのだとか。

 そして太田は、同じく優作ファンであるくりぃむしちゅー・上田晋也に会った際に、この話をしたという。すると、以前に美由紀夫人の家に招かれたことがあるという上田は、龍平もその時一緒にいたが、テレビで優作が主演した1980年公開の映画『野獣死すべし』がずっと流れていたと明かし、「観てないわけない」と、龍平が父・優作の作品をひとつも観ていないと言ったのは嘘だろうと返したそうだ。

 これを聞いて笑っていた田中だったが、龍平の嘘については「何か太田さんには言いたくなかったのかな。まあ、いろんな人に(そういう質問を)訊かれるだろうからね」とフォロー。太田も「プレッシャーにはなるだろうからね」と、龍平の気持ちを推し量っていた。

 ゆう姫について「そっくりだね。おやじさんに。美由紀さんにも似ている。不思議なもんだね」と話していた太田だったが、憧れの大スターの娘との共演だけでなく、息子の嘘に振り回されたことも楽しい思い出となったようだ。
(文=相川ナロウ)

松田龍平、爆笑問題・太田に嘘をついた!? 妹の松田ゆう姫が「全部ウソ」と暴露のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!