松田龍平「寡黙なリーダー」上海ロケで座長の“おもてなし”。一流俳優の差し入れは吉野家カレー

編集部

 20日放送の情報番組「あさイチ(NHK総合)」に、俳優・松田龍平が出演した。30日に放送されるスペシャルドラマ「ストレンジャー~上海の芥川龍之介~(NHK総合・NHK BS4K・NHK BS8K)」の主演として作品の魅力や撮影秘話を話した。

 同作は28日・29日にはNHKワールド JAPANで世界に配信される超大作。重責があるかと思いきや、語られたエピソードは、笑いに満ちた“松田龍平ワールド”全開だった。

 この日のコーナー「プレミアムトーク」にゲスト出演した松田は、上海での異国ロケの刺激的なエピソードを披露。1921年に新聞の特派員として上海を訪れた文豪・芥川龍之介の「上海游記」などを原案とした同作は、その小説世界と当時の中国の現実を往来した世界感で、日本と中国の精神的交流が描かれている。それだけに当時の世界感を表現するセットも大がかりで、中国の人気俳優や大勢の現地エキストラの協力をあおいだという。

 番組では撮影現場のオフショットが放送され、特殊メイクの細かさに嫌気がさし激昂するエキストラの姿も。撮影に対する意識の違いからくる撮影の苦労がひしひしと伝わってきた。

 しかし、松田はそんな苦労何処へやら、いつものポーカーフェイスを崩さず、飄々と日本との撮影の違いを紹介。「自分は水を持っているのに、『水を飲め』とすすめてくる」と話し、細かな思い出にスタジオには笑いが起きた。さらに座長として撮影現場に差し入れしたことを明かし、そのチョイスというのが『吉野家のカレーライス』を100食以上。まさかの庶民派テイクアウトだが、カレーライスを探したけど吉野家しかなかったという裏話があったようだ。

 松田の“飾らない人間性”が差し入れにも反映されていることがわかった今回のトーク出演。そんな自然体でのぞんだ超大作ドラマは、年の瀬の世界中で話題を呼ぶことだろう。

松田龍平「寡黙なリーダー」上海ロケで座長の“おもてなし”。一流俳優の差し入れは吉野家カレーのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!