日向坂46の“かとし”こと加藤史帆が、専属モデルを務める女性ファッション誌「CanCam」(小学館)6月23日発売号の特集記事『アイドルかとし、イイ女化計画進行中』に登場。コロナ禍による外出自粛期間中の“女子力アップ”を報告し、ファンの注目を集めた。

 初夏のファッションやヘアアレンジを披露した加藤だが、ファンの関心を特に集めたのは、小麦など穀物のタンパク質の主成分であるグルテンを除去したグルテンフリー料理づくりに「目覚めた」という報告だったようだ。

「ステイホーム期間中に料理を始めたことは、レギュラーラジオ番組やブログを通じて報告していましたが、同誌ではカレーやチュロスなどの料理写真が公開されたことで『ここまで本格的にやってたんだ!?』『かとしのことを侮ってた』とファンから驚きの声が寄せられています。

加藤いわく『前よりニキビができにくくなった気がします』とのことで、体質改善にも効果が出ている様子。

加藤はこれまで、日向坂46が発表した全4シングルすべてで最前列のポジションに抜擢されましたが、食生活を変えたことでますます美しさに磨きがかっただけに、『センター奪取も近いのでは?』『ますます推したくなった』と期待の声も上がっています」(芸能関係者)

 ただ、料理に関しては、加藤がデビュー前から憧れを抱いていたという、元・欅坂46の“なーこ”こと長沢菜々香が以前、自身のブログ内で“なーこクッキング”と題して本格的な料理レシピを紹介していたため、ファンの間では「ふたりの関係性」について疑問の声も。

日向坂46メンバー、長沢菜々香への“信仰心”が強すぎる!? 歌舞伎界にも広まる“なーこ教”とは一体…のページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!