元NEWSの手越祐也が記者会見で強調していた「円満退社」が大ウソだったと報じられ、ネット上では「やっぱりか」との声が続出している。「揉めに揉めた末の決別」だったことをうかがわせる要素が多々あり、早くも先行きが不安視されているようだ。

 27日付の東京スポーツによると、手越が先日の会見で「ジャニーズ事務所とのトラブルは一切ない」と円満を強調した一方、ジャニーズ側からは報道陣に「“円満”という言葉は決して使わないように」とのお達しがあったという。

「通常、事務所側はトラブルがあってもイメージを気にして『円満』ということにしたがります。それなのに『円満という言葉は使うな』というお達しがあったのは余程のこと。藤島ジュリー景子社長や滝沢秀明副社長との面会すらできず、弁護士同士の話し合いで退所が決まったという時点で『円満なはずがない』と誰もが思いましたが、それを裏付ける報道となりました」(芸能ライター)

 KAT-TUNの中丸雄一が21日に出演した情報番組『シューイチ』(日本テレビ系)で手越の退所の「唐突感」を指摘しつつ、「なんか揉めたのかなというのは想像がつきます」とコメントしたのも印象的だった。ジャニーズ所属タレントが退所者に対して「揉めた」という言葉を使うこと自体、異例中の異例だ。

 この時、中丸は「メンバーは本当に可哀想だと思うし、番組関係者の皆さんも気の毒。ジャニーズ事務所の人たちも気の毒。一番気の毒だと思うのは応援してくれているファンの人たち」とも発言。言葉を選びつつも、明らかな「手越批判」を展開していた。

 事務所上層部はもちろん、一部の所属タレントからも手越は激怒されていることが想像できる。

手越祐也、やっぱり「大モメ退所」だった! ジャニーズ事務所とは「絶縁」かのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!