元NEWSの手越祐也がジャニーズ事務所を退所したことに伴い、レギュラー出演していた人気バラエティ番組『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)からの降板が正式発表された。日本テレビとジャニーズ事務所が「後任」の選定を進めているが、両者の思惑がすれ違って難航しているという。

 アイドルらしからぬ独特のキャラクターで『イッテQ!』になくてはならない存在となっていた手越。ジャニーズに興味はなくとも「イッテQの手越は好き」という視聴者は多く、その穴を埋めるのは容易ではない。

 そんな中、最初に名前が挙がったと伝えられていたのがKing & Princeの平野紫耀。誰もが認めるジャニーズの次世代エース最有力候補であり、Sexy Zoneの中島健人とダブル主演するドラマ『未満警察 ミッドナイトランナー』(同)に日テレが力を入れるなど局との関係も深い。

 だが、これはジャニーズ事務所側から「NG」が出たという。

「体当たり企画が多い『イッテQ!』では、手越が無茶な海外ロケに挑戦したり、パンツ一丁の姿を披露したりすることがあった。しかし、平野は将来的にジャニーズ事務所を背負うことになると目されている正統派アイドル。手越のようなことをやらせるわけにはいかないとの理由でNGになった。また、同じ理由で中島健人に関しても後任はNG。ふたりについては、今後はバラエティよりドラマ・映画で売っていきたいという事務所の思惑もある」(芸能ライター)

 25日付の「日刊ゲンダイDIGITAL」によると、代わってジャニーズ側から提示されたのは、NEWSの他のメンバーたちだったという。特に、小山慶一郎と加藤シゲアキをプッシュしているそうだが、これには日テレ側が「NO」を突きつけたという。

『イッテQ』手越祐也の後任は誰に? 平野紫耀らの名前挙がるも「事務所NG」で難航のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!