6月22日、歌舞伎役者の市川海老蔵が自身の公式YouTubeチャンネルにて「麻央の事。今日はそういう日。。」と題した動画を投稿した。この日は、2017年に亡くなった妻・小林麻央さんの命日。彼女がいなくなってからの3年を振り返り、現在の心境について明かした。

 低いトーンで語り出した海老蔵は「3年という時間が流れて、時間というものは解決してくれるとか言うことをよく聞きますが、うーん」と、言葉に詰まり、小林さんが亡くなってからの時間が「ものすごく長い3年間だった」と振り返った。

 海老蔵は、いまだに月に一回ほど小林さんが生きている夢を見るという。それが彼にとって「唯一の救い」「やっぱり生きてたんじゃんってすごく幸せな気持ちになる」と明かし、小林さんの存在が色あせることなく海老蔵の中に生きていることをファンに伝えた。

 コメント欄には海老蔵と同じく大切な人を亡くしたファンや海老蔵に感情移入する視聴者からのコメントが殺到。「涙が止まりません」「どんな物語を読むより、心に響いて沁みます」など、小林さんへの変わらない愛を語った海老蔵のメッセージに、涙するファンが続出した。さらに「海老蔵さんをここまで魅了した麻央さんって本当にすごい女性なんだな」「最高級の愛情を家族に注ぐ海老蔵さんに畏敬の念を抱きます」など、2人の絆を賞賛するコメントも。

 また、動画の最後に「ガタッ」という物音がしたことについて「最後の物音は麻央さんですよ」「近くで見守っている」「麻央さんからのエールに聞こえる」と、謎の現象を小林さんからのメッセージでは?と解釈する声も多数あった。物音を聞いた海老蔵が、静かに「ありがとね」と言い、周囲を見渡していたのが、小林さんに語りかけたようにも見えたのだろう。

 この不思議体験について、海老蔵は自身のブログで、ファンと同じように小林さんの存在を感じたことを明かした。生前の小林さんから託された願いを背負い、父として、歌舞伎役者として奮闘する海老蔵から今後も目が離せない。

市川海老蔵、妻・小林麻央へのメッセージ動画に号泣… 命日に語った色あせない2人の絆とはのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!