市川海老蔵が競馬をやめる発言 !?ブログで趣味の封印を宣言した海老蔵に、ネット上で数々の憶測が飛び交うの画像1

 

 とてつもなく軽い“趣味断ち”宣言は、はたしてどこまで続くだろうか。

 市川海老蔵が5月6日の公式ブログで、「今日で競馬やめまーす。」(原文ママ)と、たった一言で趣味の競馬予想をやめると宣言した。「ふと思い立ったら吉日」というブログ記事のタイトル通り、競馬予想で大きく勝ったり負けたりしたわけではないが、ふとやめようと思ったのだという。さらに「自分でも意外な思考に戸惑ってます。。」と続ける海老蔵に対して、ネットでは様々な意見が出た。

 もともと海老蔵は大の競馬好き。公式ブログのテーマに「競馬」もあり、中央競馬(JRA)だけでなく関東の地方競馬・南関東競馬のレース予想もブログに載せるほどの入れ込み様だ。今年の4月14日に行われた皐月賞でも、3連単(1~3着を順番通りに当てる馬券)を見事的中。その馬券を、本業である歌舞伎公演の合間にブログに載せていることからも、競馬熱が冷めたというわけではなさそうだ。

 ではなぜ突然“競馬予想やめる”宣言をしたのか。現在の海老蔵の状況から“予想”してみよう。今年1月、海老蔵が2020年5月に“十三代目市川團十郎白猿”を襲名すると発表された。新たな名前を継ぐにあたって心機一転、という気持ちがあるのだろうか。また、海老蔵の襲名と同時に長男・堀越勸玄(かんげん)も、“八代目市川新之助”を襲名するという。“市川新之助”は海老蔵も初名として名乗っていた名だ。つまりゆくゆくは長男が“市川海老蔵”を継ぐことになるだろう。それを実感して“海老蔵”の名を汚してはいけないと再認識したのかもしれない。

 ネットではさらに多くの憶測が飛び交っていた。「結局またやるんじゃない?」「競馬はやめたくてもやめられないものだ」など“すぐ戻ってくるだろう”勢や、「襲名に向けて好きなものを断つのか」という“願掛け”と見る人。「ダービーでリオンリオンを買いたくないんだろう」と、海老蔵の過去のトラブルを連想させる馬名にかけた見解も見られた。

 今後の、ひとまず次の競馬が行われる週末の、ブログ更新に注目が集まる。

 

市川海老蔵が競馬をやめる発言 !?ブログで“趣味”の封印を宣言した海老蔵に、ネット上で数々の憶測が飛び交うのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!