お笑いタレントの江頭2:50は6月18日、自身の公式YouTubeチャンネル「エガちゃんねる EGA-CHANNEL」を更新。人生で初めて訪れる高級ファッションブランドのルイ・ヴィトンで、自身と番組スタッフ用のアイテムを買い求める様子をアップした。

「来たぜぇー!表参道!」という江頭の気合の入った言葉とともにロケ車の中から始まった番組は、コロナウイルスの影響でできずにいた久々の外ロケだった。江頭はヴィトンだけでなく高級ブランドの店には「一切行ったことない」といい、54歳で“ヴィトンデビュー”を飾ることに。

 1週間前から下調べして、買いたい物リストを作成するほどの気合の入りようをアピールした。一方で、トレードマークである黒タイツに番組Tシャツというバラエティ感あふれる姿をしており、企画への熱意と格好のギャップが印象的でもあった。

 同じく高級ブランド店未経験の番組スタッフを従えて、開店直後のヴィトンに突撃していった江頭は、カメラなしで約1時間みっちりと商品を選び抜いて帰還する。開口一番「高かったー!」と感想を述べつつ選んだアイテムを披露し、自分には番組のイメージカラーである赤と黒が映える限定カラーの長財布を9万9000円で購入したことを明かした。さらに同行したスタッフにも、同じカラーの5万4000円の名刺入れをプレゼント。面倒見の良さを発揮していた。

 江頭は1990年代から売れっ子芸人として多くの番組に出演。共演者に対し、誰彼構わず無茶をする芸人としてバラエティを盛り上げた。2000年代には情報誌「日経エンタテインメント!」の企画「嫌いな芸人ランキング」で9連覇を達成するなど圧倒的な嫌われぶりを誇っていた。しかし好き嫌いがはっきり分かれる芸風は、嫌われやすい一方で熱烈なファンも多い。

 9連覇していた当時からバラエティ好きの間では「人気がある」と囁かれており、2020年2月1日にYouTubeチャンネルを開設した際には、わずか9日でチャンネル登録者数が100万人を突破。人気の高さを目に見えるかたちで証明した。

江頭2:50、「はじめてのおつかい」in ハイブランド! 世間に浸透する江頭の魅力でテレビ業界“復活”も間近かのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!