嵐の松本潤(36)が2016年に主演したドラマ『99.9-刑事専門弁護士-』の特別編第1夜(TBS系)が5月31日に放送された。6月3日からは2002年に出演したドラマ『ごくせん』の再編集版『ごくせん2002特別編』(日本テレビ系)の第1話が放送される予定で、ファンが「松潤祭り」に大歓喜している。

 新型コロナウイルスの影響で過去の人気ドラマの再放送が相次いでいる中、突如として再放送が決まった両作。『99.9-刑事専門弁護士-』の特別編第1夜は、放送後に「松潤がカッコ良すぎ」「神作」「目力がたまらない」などとネット上で話題を呼んだ。

 一方の『ごくせん』は当時19歳だった松本の出世作で、18年ぶりの復活ということもあって、早くもネット上の女性ファンたちは大興奮。『99.9』以上の反響となりそうな気配となっている。

「『ごくせん』で松本さんが演じた沢田慎は、クールで不愛想ながら友情に厚いという不良高校生。一方の『99.9』で演じた深山大翔は、ひょうひょうとした性格で難事件を解決していくスーツ姿の30代弁護士。あまりにもギャップが激しく、女性ファンの間で『同時摂取はヤバイ』と話題になるほど松本さんの両極端な魅力が堪能できる。同時期の再放送は、ファンにとっては最高のプレゼントですね」(女性誌ライター)

 数々の人気ドラマに出演してきた松本だが、意外にも連ドラへのレギュラー出演は2018年1月クールに放送された主演ドラマ『99.9』のシーズン2が今のところ最後。実に2年以上も連ドラへのレギュラー出演がない状況が続いていた。 だからこそ、余計にファンは両作の再放送が嬉しいようだ。

「嵐は2020年いっぱいで活動休止となる予定で、ライブをはじめとしたグループでの活動に注力するために長時間拘束される連ドラの仕事を敬遠していたようです。ライブの延期などの影響で活動休止は先延ばしになる可能性がありますが、おそらくソロ活動に完全移行するまで松本さんの連ドラ出演はなさそうなので、今回の再放送はそういう意味でも貴重ですね」(同前)

 ファンからは『ごくせん』の松本は「若潤」、『99.9』の松本は「熟潤」とも呼ばれている。若潤&熟潤が同時期に楽しめる「松潤祭り」にファンは大興奮となりそうだ。

嵐・松本潤、再放送ドラマで両極端な魅力! 松潤祭りに「若潤と熟潤の同時摂取はヤバイ」と女性ファン興奮のページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!