現在47歳の俳優・木村拓哉が、5月20日に発売された生活情報誌「Ku:nel」(マガジンハウス)に登場。自身を「アイドルから脱した感覚はない」と発言したため、「いつまで現役気取り?」「もう立派なおっさんです」と失笑を買うことになってしまった。

「2016年に起きたSMAPの解散騒動以降、急速に劣化したと指摘されることが多くなった木村。同誌に掲載された、窓際に佇み外部から光を受けるカットでは、全身真っ白の衣装がレフ板の効果をもたらし、鼻の下の“青ヒゲ”が目立ってしまっています。

日本語で“崇拝する物”という意味のアイドルに具体的な定義はありませんが、『さすがに青ヒゲ面のおじさんは崇拝しないでしょ』『アイドルは10代20代のイメージ』と、雑誌での“現役アイドル宣言”とも取れる発言は多くの賛同を得られなかったようですね」(芸能関係者)

 木村は5月8日に公式Instagramを開設したが、同月12日に事務所の後輩の山下智久、KAT-TUN・亀梨和也とのスリーショットを投稿した際にも、「30代の2人と並ぶと老化ぶりが際立つ」「公開処刑」と揶揄されてしまった。

 ただ、SNSへの投稿に関していえば、嵐・松本潤への“おっさん化”を指摘する声の方が勝っているかもしれない。

木村拓哉、“青ヒゲ面”で「現役アイドル」発言に失笑も… “おっさん化”嵐・松本潤よりマシ!?のページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!