新型コロナウイルスの感染拡大により、撮影中止になり放送も延期となっている春のドラマ。

 このままではスケジュール的に厳しいということで、放送回数を減らしたり、打ち切りという苦渋の決断を各局迫られているようだが、現在テレビ朝日系で放送されている『M 愛すべき人がいて』は別のようだ。

 5月12日発売の『週刊女性』(主婦と生活社)に掲載された記事によると、『M』は放送初回から好調であり、現在は撮影が止まっているものの、“最終回まで撮影続行”が決定しているという。

「歌手の浜崎あゆみさんの自伝的小説を原作にした同ドラマは、放送前は毛嫌いする人が多かったんです。

 ですが、放送が始まってみると、とんちの効いた演出や出演者たちの怪演などがかなりの話題に。毎回放送直前からネット掲示板の実況は賑わっており、反響はかなりのものです」(芸能ライター)

 そんな『M』だが、記事にはさらに気になる点が。制作側は好調を受け、田中みな実に無理な要請を出しているのだという。

『M』好調で田中みな実に“濃厚接触シーン”要請! 新型コロナ自粛に「過敏すぎ」発言多く「快諾」でムードを一蹴かのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!