江角マキコ、引退しても“魔性の女”!? 長男通う名門校「お家騒動」に加担? 新潮報道で“問題ママ”再び!

編集部

江角マキコ、引退しても魔性の女!? 長男通う名門校「お家騒動」に加担? 新潮報道で問題ママ再び!の画像1

 4月30日発売の「週刊新潮」(新潮社、5月7・14日号)に元女優・江角マキコが長男を通わせている都内の名門インターナショナルスクールの“お家騒動”に関わっていることが報道されている。

 記事によると、そのインターナショナルスクールは過去には安室奈美恵や布袋寅泰・今井美樹夫婦の子どもたちも通っていたという有名校で、創設者・小牧義重氏が理事長、小牧氏の妻が副理事長をしていたが、今年1月に妻が小牧氏を理事長の座から下ろしたという。

 昨年秋から小牧氏は家を出て、自身でサイトを立ち上げて保護者の声を集めて批判を掲載するなどという“お家騒動”に発展。

 そして、その江角が小牧氏と親密すぎる関係となったのも騒動の一因だといい、2人が昨年11月に高級レストランで密会しているのを知った副理事長が小牧氏を問い詰めたところ、小牧氏は家出。

 江角は小牧氏の家出後も連絡を取り合い、副理事長に謝罪を要求するなど、小牧氏をバックアップしてきたという。

「江角さんとインターナショナルスクールの関係については、4月28日発売の『週刊女性』でも報じられていますし、他のメディアも取材に動いていました。そもそもは各誌、名門のお家騒動ということで調べていたのですが、その裏に芸能界を引退した江角さんの存在が浮上して、一気に話が大きくなりました。

 新潮の記事では、江角さんと小牧氏の親密ぶりが強調されていますが、江角さんといえば過去にはエレファントカシマシの宮本浩次さん、俳優の武田真治さんといった人気者と交際していた恋多き女。『ショムニ』(フジテレビ系)で大ブレイクする前はカメラマンの桐島ローランドさんと電撃結婚し、たった9カ月でスピード離婚するという大胆な側面を持ちあわせています。相変わらず、魔性の女っぷりは健在ですね」(芸能ライター)

 2017年には「子育てに専念する」として芸能界を引退した江角だが、相変わらずのトラブルメーカーぶりを見せているようだ。

江角マキコ、引退しても“魔性の女”!? 長男通う名門校「お家騒動」に加担? 新潮報道で“問題ママ”再び!のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!