愛用のサックスを吹きながら、3月14日放映の「徹子の部屋」に登場した武田真司。高校在学中に「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」でデビューし、「フェミ男」として一世を風靡した武田ももう46歳だ。昨年はNHKの「みんなで筋肉体操」でも話題になり、紅白にも出場した。

 体重は57kgとストイックな身体で、家では90kgのベンチプラスも上げるという武田。徹子に筋肉を触らせ、ついでに抱きしめてみせる。

 20代後半からの一時期は、求められるものと実際の自分のギャップに苦しみ、メンタル的にもかなりやられた生活を送っていたそうで。食事も喉を通らず、頭痛や不眠に悩まされていた。

 そんな武田を救ったのが、ボクシング。ジムに通うようになった武田が、元世界チャンピオンの井岡弘樹から受けたのが、こんなアドバイス。

「相手に向かって左手を伸ばして、左手より外にいる人間のパンチは届かないから、ヤジられた言葉に傷つくことはない。もし左手より中に入ってものを言う人間が現れたら、そいつの言葉を聞いてごらん。何かを伝えようとしているから」

 それ以来、さまざまな雑音が気にならなくなった。

 さて、武田といえば、46歳で一度も結婚歴がないが、華麗な恋愛歴でも知られている。かつては、江角マキコや国仲涼子、滝川クリステルなどとの熱愛が報じられてきた。

 そんな武田だが、あまり一人の女性と長続きしないようで。ある時、徹子から「屋形船で一緒に花火を見ませんか?」という誘いのメールがあったのだが、失恋した翌日で、とても行く気にならず、断ってしまったと話す。

 その武田に、徹子が「どうします? 結婚」ときくと、武田は「そういうことを考えたいなと思う方には出会うことができて。失恋を重ね、強くなり、この方かなと。自分の気持は本人には伝えてるんですけど」との交際宣言。今度こそ、武田はこの女性とめでたくゴールインできるのだろうか? もしかしたらの今年中に結婚発表があるかもしれない?

武田真司が華麗な元カノ遍歴を……ついに本気の交際宣言か?のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!