東出昌大と唐田えりかが不倫関係に至るきっかけとなった恋愛映画『寝ても覚めても』(2018)が、本日19日午前7時よりWOWOWで放送された。

 同作は、同じ顔をした2人の男性(東出)の間で揺れ動くヒロイン(唐田)の恋心を描いた恋愛映画。

 今回の放送に、ネット上では「セリフがいちいち不倫した現状とリンクしてるし、キスシーンばっかりで笑っちゃう」「朝7時から寝ても覚めてもやっててエグい」「開始3分くらいでキスシーン なんの脈略もなく!!色々知った後に観るとなんと生々しい…ギブ」(原文ママ)といった声が相次いでいる。

 同作を手掛けた濱口竜介監督は、クランクアップ前にメインキャスト向けのワークショップを3カ月間にわたり毎週開き、撮影外でも信頼関係を築くよう促したとか。そんな状況下で東出は、妻子の存在を忘れるほど役に入り込み、ヒロインの唐田と盛り上がってしまったということなのだろうか……。

「以前から『このタイミングで!?』と話題になっていたWOWOWの放送ですが、『どうせ差し替えられるだろう』と思っていた人も多かった模様。開始早々、なんの前触れもなく東出と唐田のキスシーンが飛び出す同作ですが、早朝の放送だっただけに、寝起きにびっくりした視聴者もいたようで」(記者)

 今月4日発売の「女性自身」(光文社)は、『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』(テレビ朝日系)撮影現場での東出の姿を掲載。『寝ても覚めても』の頃の東出と比べても、激ヤセぶりは明白だ。
また、16日付日刊ゲンダイは、「自分の出番以外は楽屋にじっと引きこもり、壁に向かって何かブツブツと独り言をつぶやいています」というスタッフの証言を報道。

東出&唐田「開始4分でキス」共演映画テレビ放送に衝撃! 「朝から生々しい」「差し替えなかったのか」のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!