上沼恵美子「ド正論」紅白歌合戦にもの申す!演出への“愛ある苦言”に共感多数

編集部

 6日、ABCラジオ「上沼恵美子のこころ晴天」にタレント・上沼恵美子が出演し、昨年末放送された「第70回NHK紅白歌合戦」の裏話を暴露した。歯切れのいい紅白批判に、ネットからは賛同の嵐が巻き起こっている。留まることを知らない“上沼節”はまだまだ続きそうだ。

 昨年末の紅白でゲスト審査員を務めた上沼は、同ラジオ内で「光栄なことなんですけど、少しよろしいか?」と切り出し、「あたしの知ってる紅白歌合戦ではなかったので驚きました」と、苦言を呈した。司会として出演した経験のある上沼は「(紅白は)日本一の緊張する、緊迫した…。アーティストの中には、吐き出す人もいるんですよ、緊張で。リハーサルからそういう感じの番組」だったと過去の裏話を話した。

 その後も若干キレ気味に「NHKは敵に回したくないんですけど、あえて言わせていただくと、緊張感ゼロです」「あれは紅白歌合戦ではない。歌のお祭りです。これは考えた方がいいですよ」と、毒舌を交えながら持論を訴えた。

 歯に衣着せぬ発言をする上沼に対し、ネットでは「そうなんだよね!こっちは本気の歌合戦を見たいんだよ」「上沼さん正論すぎるわ」「上沼ナイス!確かに合戦ではなく祭りだわ」と、賞讃する声が続出。上沼の爆弾発言が、紅白に不満を持つ人たちを喜ばせた。

 上沼といえば、昨年の「M-1グランプリ2019」で敗者復活戦を制し決勝にまで上ったお笑いコンビ「和牛」に対し、放送事故並みの𠮟咤激励を飛ばして話題となったばかり。審査員として出演した上沼は「私は昨年もその前も、和牛をチャンピオンで押してるのよ。それなのに(準決勝で1度敗退し)決勝まで残りくさらんかった!それが腹立つつーんですわ」と激怒しながら並々ならぬ和牛への愛を伝えた。これには和牛の2人もタジタジであった。

 舌鋒鋭く芸能界に喝を入れる上沼の、次なる標的は一体何になるのだろうか。世間は注目している。

上沼恵美子「ド正論」紅白歌合戦にもの申す!演出への“愛ある苦言”に共感多数のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!